ハンバート友幸の庭

節約、ミニマリスト、買った商品のレビューなどを紹介するブログ

自転車のチェーンを調整しよう!たるみの直し方とメンテナンスを実践したよ。

こんにちは友幸です。

 

わたしは同僚からもらった自転車に乗っている。

しかし最近、この自転車チェーンのところからカタカタと音がするようになった。

自転車のチェーンを調べてみると、チェーンが錆びて伸びてしまい、自転車カバーの底部分にチェーンが触れてしまっている。

そのために異音がするようだ。

 

大丈夫だろうと高を括って、そのまま気にせず乗り続けていたら、今度はチェーンが外れるようになってきた。

1日1回くらいの頻度で外れるようになり、その頻度がどんどん上がっていく。

最後には40kmくらい自転車で走ったら、10回くらいチェーンが外れるようになった。これはさすがにまずい。

 

というわけで、自転車のチェーンの張りを調整することにするよ。

自転車のチェーンの現在の状況

写真の通り、自転車のチェーンが錆びてダルダルな状態になっている。

チェーンの下側は自転車カバーと接触しているので、自転車を漕ぐと異音がする。

チェーン上部も伸びてしまい、だれているのがわかる。

錆びた自転車のチェーン

チェーンを持ち上げてみると5cmくらい持ち上がる。

ダルダルですな。

 

通常、1~2cmぐらい持ち上がるのが適正なチェーンの長さになる。

そりゃチェーンも外れるわ。

錆びた自転車のチェーン

自転車のチェーンの調整に用意するもの

自転車のチェーンを調整するために下記の工具を用意しよう。

  • プラス2番のドライバー
  • 15mmのレンチ
  • 10mmのレンチ

全部100均で手に入る。

 

15mmのレンチは車軸のナットを緩めるのに使う。

10mmのレンチはナット引きを回すのに使う。

プラスドライバーはブレーキを固定している個所を緩めるのに使う。

自転車のチェーンを調整するために必要な道具

自転車のチェーンを調整するために車軸のナットを緩める

自転車のチェーンを調整して直す方法

最初に自転車の後輪の車軸を固定しているナットを緩める。

わたしの自転車は変速機がついてないので、楽ちんに外すことができる。

 

変速機が付いている場合はわからん。

ググってくれ。

 

15mmのレンチでナットを反時計回りに回していく。

緩めるだけでいいので外す必要はないよ。

自転車のチェーンを調整して直す方法

反対側の車軸を固定しているナットも同じように反時計回りに回して外す。

左右で回す方向が反対になるので混乱しないようにしよう。

自転車のチェーンを調整するためにブレーキを固定しているナットを緩める

続いて、後輪のブレーキを自転車本体にくっつけているネジを緩める。

車軸のナットの前の方についているよ。

 

後ろにナットがついているので、10mmのレンチで固定して、ドライバーを反時計回りに回して緩める。

こちらも外す必要はなし。

自転車のチェーンを調整して直す方法

自転車のチェーンを調整するナット引きを回す

ナット引きという後ろについているナットを回すことで、前輪と後輪の間隔を調整することができる。

自転車のチェーンを調整して直す方法

1つしかついてない自転車もあるらしいが、私の自転車は左右にナット引きがついていた。

自転車のチェーンを調整して直す方法

ナット引きを10mmのレンチで時計回りに回す。

するとナット引きがどんどん締まっていく。

「前輪と後輪の間隔を広くするのなら、緩めるんじゃないの?」

と思うかもしれないが、締めるのが正解。

ナット引きは車軸に固定されているのでナット引きを締めていくと、ナット引きと後輪の距離が短くなる。

そのため後ろに引っ張られることになる。

 

わたしは最初ナット引きを緩めてしまい、どんどんチェーンがだるだるになっていった。

ナット引きは回しにくいので時間を大分ロスした。

 

ナット引きは入り組んだところにあるのですごい回しにくい。

スタンドが邪魔。

自転車のチェーンを調整して直す方法

ナットドライバというドライバの先でナットを回せるやつがあれば楽かも。

100均で売ってるかもしれない。

E-Value T型ナットドライバー 10MM

E-Value T型ナットドライバー 10MM

 

どのみち、わたしの自転車の場合、右側のナット引きが自転車スタンドに触れて隙間がなかったので、ナットドライバは使えなかった。

 

途中でナットドライバのように垂直に差し込んだほうがナット引きを楽に回せることに気が付いた。

このやり方がおすすめ。

自転車のチェーンを調整して直す方法

ナット引きを回すときは左右のナット引きの位置が同じくらいになるようにする。

そうしないと左右どちらかに後輪が偏ってしまう。

わたしはナット引きを上からみてらせんを描くネジの切れ込みの数を数えて大まかな調整をしたよ。

 

後は車輪と自転車のフレームの間に指をいれて左右同じくらいの幅になるように調整しよう。

自転車のチェーンを調整して直す方法

ナット引きを締めた後は、後輪のタイヤをパンパンと叩いて、車軸が後ろにくるようにしよう。

チェーンの緩みが1~2cmになったら、完成だ。

自転車のチェーンを調整して直す方法

緩めていた車軸のナットとブレーキのネジを時計回りに回して固定する。

締め忘れると危険なので忘れないように注意。

自転車のチェーンを調整してたるみを直した後

ナット引きを引き締めていき、無事、自転車のチェーンが自転車カバーに垂れ下がらなくなった。

自転車のチェーンを調整して直す方法

これで一応チェーンの調整は終わりだが、自転車のメンテナンスをすることにした。

 

以前にブログでメンテナンスをしっかりしようといっていながら、屋根のないところに自転車を駐輪していたため、全くメンテナンスをしていなかった。

 

今は屋根のある駐輪場があるので、しっかりとメンテナンスをしようと思う。

自転車のメンテナンス

錆びをとるため100均でさびとりゼリーを購入

メンテナンスのため、近所の100均の自転車グッズコーナーに行き、さびとりゼリーを購入した。

 

研磨率40%らしい。

これが高いのか低いのかはよくわからない。

100均の自転車さびとりゼリー

「自転車のタイヤスポーク、かご、荷台等のサビに」と書かれている。

自転車のチェーンに使っていいのかわからないが、使ってみることにした。

自転車のチェーンの錆びをさびとりゼリーで落としてみた

不要になった布に、さびとりゼリーをつけて、布でこする。

 

写真の自転車のチェーン左側がこする前、右側がこすった後である。

自転車のメンテナンス

思ったよりも錆が落ちている。

やるじゃないかさびとりゼリー。

 

自転車を回しながら、さびとりゼリーでチェーンの錆びを落としていく。

しかし布では内側の錆がとりきれてない。

 

本当はカナブラシなどの小道具が必要なんだと気が付いたよ。

もう一度100均に行くのは面倒なので今回は内側の錆はスルーした。

自転車のチェーンにオイルを注入する

100均で以前に買った、万能オイルをチェーンに挿していく。

なんにでも使える万能の油らしい。

すごいな100均は。

自転車のメンテナンス

オイルが垂れないように下に不要な布を入れて、ゆっくりと車輪をから回りする方向に回していく。

チェーン全体にオイルがいきわたったら、5分ほど放置。

その後、余分な油を布で拭き取る。

これでメンテナンス終了である。

自転車のメンテナンス終了

自転車のメンテナンス終了である。

メンテナンス前とメンテナンス後を比べるときれいになっているのがわかる。 

自転車の調整、メンテナンス前

自転車のメンテナンス前

自転車の調整、メンテナンス後

自転車のメンテナンス後

このまま自転車のチェーンが伸びないように気を配っていくことにする。

メンテナンスすると自然と愛着が湧いてくるしね。

とりあえず雨に濡れた時は当日は無理でも、週末にはオイルをチェーンに挿すようにする。

 

「もしかしたらチェーン交換しなくちゃいけないかも」と思っていたので、チェーンの調整でたるみがなくなったのはありがたい。

チェーン交換となると、チェーンとチェーンカッタ―を買わないといけないからね。

金銭的にもメンテナンスしたほうがいいね。

 

関連記事