ハンバート友幸の庭

節約、ミニマリスト、買った商品のレビューなどを紹介するブログ

一日一食ダイエットを実践。夜だけ好きなものを食べまくってみたよ。

一日一食ダイエット

こんにちは友幸です。

 

ダイエットには色々な種類があるが、その中に断食(ファスティング)ダイエットというものがある。

これは一定時間を食事を摂らない時間を空けることで、断食の時間を作るダイエットのこと。

 

例えば朝食だけ抜いて、昼と夜は普通に食事を摂ることもゆるい断食ダイエットになる。

断食ダイエットの中でも、一日一食しか食べないダイエットが一番効果が高そうなので試してみることにした。

 

一日一食ダイエットは本当に効果があるのか?

それでは行ってみよう。

 一日一食ダイエットの基本方針

一日一食ダイエットを行うためのルールは以下の2点だ。

  • 夜だけ食べる
  • 夜は好きなものを好きなだけ食べる

この2つのルールを順守した。

 

このダイエット方法は、よくテレビで芸能人が挑戦して「痩せました!」といっているものになる。

別名「ウォーリアーダイエット」とも呼ばれている。

 

食べられるときに食べるという本能に従ったアグレッシブなダイエットだ。

昼は水やお茶だけで過ごした。

 

夜は好きなものを食べると書いてあるが、わたしはジムに通っているので、たんぱく質は一日110gを目安に摂取するように食べている。

 

たんぱく質を110g摂るように栄養を調整しながら、炭水化物を好きなだけ食べているイメージだ。

 

なので、朝と昼に食事は一切摂らずに、夜にご飯米2合に納豆をかけて食べたり、ご飯を炊いてないときは、パスタや以前に紹介したコスパ飯をお腹がいっぱいになるまで食べてみた。

節約料理のレシピ公開! 材料費6円、3分でできるコスパ最強自炊飯。 - ハンバート友幸の庭

 

カロリー調整のないダイエットで果たして痩せることはできるのか?

一日一食ダイエットをやってみた結果

まず結論から言うと、体重は増えた。

筋肉が増えたので体重が増加したといったいいものではなく、単純に脂肪が増えた。

 

一日一食を始めてから3週間くらいたっているが、体重は右肩上がりに増えている。

しばらく体重が増加していった後に、ある程度の水準(63~64キロくらい)までいくと体重の増加はなくなり、今は体重が安定してきている。

 

一日一食ダイエットを始める時の体重を測ってないのだが、たぶん60キロくらいだ。

一日一食ダイエットを始める前に比べると、確実にお腹周りの脂肪が増えて腹筋が見えなくなっている。

脂肪が確実に増えている証拠だね。

 

結果として、わたしには一日一食ダイエットは効果がないことがわかった。

一日一食ダイエットが失敗した理由

なぜ一日一食ダイエットは成功しなかったのだろうか?

それはわたしが普段から食事を記録してカロリーの調整を行っていたためだ。

レコーディングダイエットというやつだね。

 

ずっとレコーディングダイエットを続けているが、カロリー計算をしなくてもいいならそっちの方が楽でいい。

一日一食ダイエットはカロリー計算の必要がないので、やってみて体重を維持、もしくは痩せることができるのであればそっちの方が楽ちんだ。

 

だから一日一食ダイエットをやってみたが、考えが甘かったようだ。

 

わたしのように普段からカロリーを調整している人間がカロリー調整をやめて、一日一食ダイエットをすると体重は間違いなく増えることがわかった。

一日一食ダイエットが成功する人

わたしの場合一日一食ダイエットは効果がなかった。

ただい普段カロリー制限をしていない人なら、一日一食ダイエットは確実に効果があるだろう。

 

当たり前の話だが、体重が痩せるか太るかは、摂取カロリーと消費カロリーの量で決まる。

摂取カロリー>消費カロリーなら太る。

摂取カロリー<消費カロリーなら痩せる。

 

太っている人は一食ごとのカロリー摂取量が多く、全体の摂取カロリーが消費カロリーよりも大幅にオーバーしている。

そういう普段摂取カロリーが多い人が一日一食にすれば、一日全体の摂取カロリーを抑えることができるので痩せることができる。

 

夕食にどれだけたくさん食べたとしても、一食で食べられる量には限界がある。

それに一度にたくさん食べても、一度にたくさんの量は吸収できない。

吸収されなかった食べ物は体外に排出されることになる。

 

そうなれば一日一食ダイエットは成功し、痩せることできる。

 

今まで3食ガッツリ食べて常にカロリーオーバーになっていた人が、1食だけガッツリ食べるようにすれば、一日の合計摂取カロリーは少なくなる。

当然痩せるに決まっている。

まぁ当たり前だよね。

 

わたしは、一日一食だけ一気に食べると吸収しきれなくなった食べ物は便として体外に排出されるので、普段カロリー計算をしている人でも痩せることができるのではないかと予想していた。

 

一日一食にすることで、吸収される摂取カロリーがカロリー計算している場合と変わらないか、少なくなれば体重は減ることになる。

だから「一日一食夜に好きなだけ好きな物を食べても体重はあまりかわらなくなる」と考えたが実際は違ったみたいだ。

 

実践してみた結果、一日一食にしても「一日の合計摂取カロリーが多ければ太る」というあたりまえの結果になった。

一日一食ダイエットのデメリット

一日一食ダイエットをやっていて感じたデメリットがある。

それは一日一食ダイエットは夜に好きなだけ食べることができるのだが、それまで一日中何も食べないので、夜にドカ食いになりがちになることだ。

 

もうお腹がすきすぎて、めちゃくちゃ食べるんだよね。

このドカ食いが結構曲者だ。

 

しばらくドカ食いを続けていると摂取カロリーは十分で、もう食べなくてもいいとわかっているのに満腹になるまで食べないと満足できなくなってくる。

少しお腹が膨れたぐらいでは全然だめで「もう絶対に食べなくてもいいでしょ」ってところまでいっても食べ続ける。

 

食事に満足する基準が「満腹になっているかどうか」で決まってしまい、お腹いっぱいになるまで食べないとどうにも止まらなくなってしまう。

身体には必要ないけど、脳が求めている状態になる。 

 

チートデイのように1週間に1回だけのドカ食いなら問題ないが、毎日ドカ食いをやると、お腹いっぱい食べることが習慣化してしまいリバウンドしやすくなる。

ダイエットの停滞期を乗り切るために!!初心者のためのチートデイ講座 - ハンバート友幸の庭

 

一日一食だからといって好きなだけ食べるのではなく、食事の量はある程度抑えておいたほうがよさそうだ。

その方が、ダイエットの効果も高い。

ダイエットするなら、カロリーを把握するレコーディングダイエットがおすすめだ

一日一食ダイエットに挑戦してわかったことは痩せたいのなら、一日一食だろうが一日三食だろうが、カロリーを把握して食事を摂るのが大事だということだ。

 

糖質制限すればカロリーは関係ないという説もあるが、一般的な説ではない。

最も一般的なダイエットの方法はカロリー調整で痩せることである。

つまり痩せるための一番の近道は摂取カロリー<消費カロリーの方程式を守ることである。

 

残念ながら、ダイエットには王道しかないようだ。

まとめ

一日一食自体にダイエット効果はなかったどころか、逆に体重が増えてしまった。

依然と同じようにカロリー制限を行って、体重を調整することにするよ。

 

ダイエットをしたいのであれば、正しい知識を身につけることが大事。

間違った知識でダイエットをすると失敗しリバウンドする。

 

自分にとって最適なダイエット方法を見つけたい人は、正しい知識を持ったプロにカウンセリングしてもらうのが一番いい。

ライザップでは、プロから直接、無料のカウンセリングを行ってもらえる。

 

ダイエットの知識豊富なプロが、食事内容や、運動経験、生活習慣をヒアリングしたうえで、最適なダイエット方法を提示してくれる。

 

無料カウンセリングは、ライザップに通わなくても受けることができる。

プロから直接、ダイエットの知識を聞ける機会は普通はないので、これはかなりお得。

 

ダイエットできるかできないかは、やるかやらないかだけ。

本当にダイエットしたいと考えている人は、一度無料カウンセリングを受けてみるといいよ。

[ライザップ]無料相談予約、受付中/今までのカラダを脱ぎ捨てろ!

 

関連記事

BIG3とは?筋トレでまず鍛えるべき部位はここだ!! - ハンバート友幸の庭

一日断食の効果は?コーヒーと水だけで32時間過ごしてみた - ハンバート友幸の庭