ハンバート友幸の庭

節約、ミニマリスト、商品レビューなどをするブログ

フリーターがフルタイムで働くのは意味ない?正社員との年収比較とおすすめの働き方

フリーターがフルタイムで働くのは意味ない?正社員との年収比較とおすすめの働き方

こんにちは友幸です。

 

わたしは20代のほとんどをフルタイムのフリーターとして過ごしてきた。

週6や週7で働いていたこともある。

フリーターは自由な時間で働けるのが良い点だが、フルタイムで働くとそのメリットはなくなってしまう。

それならどうしてフルタイムでフリーターをやっていたのだろうか?

 

この記事ではフリーターフルタイムで働いてしまう理由や、フリーターと正社員の年収について紹介するよ。

フリーターがフルタイムで働いてしまう理由

フリーターがフルタイムで働いてしまう理由

フリーターの大きなメリット1つは、正社員に比べて自由な時間に働くことができるということだ。

夢や目標を追いかけるためにフリーターをなった人も多いだろう。

 

実際わたしがフリーターで働いていたときには周りに、バンドマンや劇団の役者、声優、小説を書いている人、難関試験の勉強をしている人、ピアノの先生、登山が趣味で長期休暇が必要な人など実に様々な理由でフリーターをしている人がいた。

自分の目標のために最低限の生活費だけは稼いで、他の時間は夢や目標のために使うという「夢追いタイプのフリーター」だ。

 

こういう人の場合アルバイトはあくまでサブで、目標とする本業がある。

しかし本業がうまくいっていないと「忙しいからシフトに入ってほしい」と頼まれた時に、「お金があったほうが生活が楽になるしいいか」とバイトのシフトを増やしてしまいかねない。

気がつけばフルタイムのフリーターになっていたということもよくあるパターンだ。

正社員の方が待遇が良いのはわかっているが面倒

同じフルタイムで働くのであれば、正社員で働いたほうがいいのはわかっている。

しかし正社員はフリーターのようにすぐに働けるわけではない。

何度かある面接のために時間を使い、やっと採用され正社員になれたとしても、働き先はブラック企業だったということもありえる。

 

大して給料が高くなくても、生活ができる収入があって、仕事もそこそこで、職場の人間関係が悪くなければ、ブラック企業で働くよりもフリーターで働いた方がいいからね。

基本的に人の脳は変化にストレスを感じ、嫌うようにできている。

  • ブラック企業の求人しかない
  • 面接が何度もあり面倒くさい
  • 未経験だからどうせい受からない

などの理由からしっかりとした就職活動をする気になれず、そのままフルタイムのフリーターとして働き続けてしまうことも多いだろう。

わたしがそうだった。

フリーターがフルタイムで時給1000円で働いた時の収入

フリーターがフルタイムで働いた場合どれくらいの収入がもらえるのか。

時給1000円で残業なしで働いた場合の給料を計算してみる。

  • 時給1,000円
  • 1日8時間
  • 週5日
  • 月20日

時給1,000円で8時間働くと、1日の給料は8,000円。

月に20日働いた場合、160,000円となる。

ここから社会保険料を引いていくと、月138,000円程度の収入となる。

この計算だと年収は192万ほどとなり、手取り年収は165万になる。

フルタイムで働いても年収200万以下になる。

 

サービス業の場合シフト制で週5で働くことが多いので、土日祝日関係ない事が多い。

その場合勤務日数が増える分給料は増えるが、土日祝日休みの人に比べて休みが少なくなる。

この計算は残業代も含まれていないので、ちゃんと残業代を支払ってくれる会社であればもう少し収入は増えるだろう。

 

今回は時給1,000円で計算しているが、それより少ない時給も普通にある。

実際わたしは最低賃金で働いていたこともある。

東京都では最低賃金が950円以上になっているので時給1000円以上のアルバイトも多いが、全国でみると時給1000円以下のアルバイトもまだまだ多い。

フリーターと正社員の年収比較

次に国税庁の「民間給与実態統計調査」からフリーターと正社員との給与を比較してみよう。

  フリーター 正社員
男女合計 175.1万円 493.7万円
男性 229.4万円 547.5万円
女性 150.8万円 376.6万円

平成29年分民間給与実態統計調査結果について|国税庁

 

フリーターの平均給与は約175万円と200万以下になっている。

正社員の平均年収は約500万なので半分以下になっているね。

 

次に年齢別の年収を比較してみる。

年齢別のデータは厚生労働省の「賃金構造統計調査」を利用して、グラフにしてみた。

フリーターと正社員の年収比較

賃金構造基本統計調査|厚生労働省

グラフを見てもらうと分かるが、正社員は年齢が上がるにしたがって右肩上がりに年収が上がっているが、フリーターの年収は年齢が上がっても変わらず200万程度で横ばいになっている。

 

厚生労働省の調査結果は国税庁の調査結果に比べると正社員の年収が低めなので、そこまで大きな差はできていないが、それでもグラフの違いは明らかだ。

同じフルタイムで働くなら正社員で働いたほうがいいいことがわかるだろう。

フリーターがフルタイムで収入を上げるのは限界がある

フリーターと正社員の年収比較

正社員とフリーターのグラフをみてもらえばわかるが、フリーターは年齢が上がっても基本的には給料が上がらない。

わたしがフリーターで働いていた時も一応査定があったが、頑張っても半年で時給が10円あがるという非常に低水準のレベルだった。

 

時給が10円上がっても、月の収入は1,600円しか増えない。

給料が上がらないよりは上がったほうがいいが、10円のために半年努力するのは非常に効率が悪いだろう。

 

アルバイトの時給は業界や職種である程度決まっているので、フリーターで収入を増やすには単純に労働時間を増やすしかない。

時給1000円で週6日で働けば月に24日働くので月収196,000円となる。

労働時間が増えた分、給料は週5で働いた時の1.2倍に増える。

 

フリーターでもダブルワークをしたりしてガンガン働き、正社員以上に稼いでいる人もいる。

しかし仕事の時給が上がらない限り、高い給料を維持するためには長時間働き続けないといけなくなる。

時間は万人に平等で有限だ。

1日は24時間しかないし1年は365日しかない。

自分の時間を切り売りしてお金を稼ぐよりも、時給を上げてお金を稼ぐことを考えたほうが結果的に楽だし良い結果になるよ。

アルバイトより時給が高い仕事で働こう

アルバイトより時給が高い仕事で働こう

先にも述べたが正社員の仕事は「ブラックな会社しか見つからない」「面接を何度も受ける必要があり、内定までに時間がかかる」「未経験だとハードルが高い」と考えている人も多いだろう。

 

そういう人は時給が高いエンジニア派遣で働くのがおすすめだ。

実際わたしは職歴なしのフリーターだったが、エンジニア派遣に登録して働き2年目で年収500万以上を稼ぐことができた。

ネットワークエンジニア派遣は未経験でも高収入!2年で年収500万を稼いだ方法 

 

IT業界全体がもともと給料が高いので、エンジニア派遣は平均時給が2000円以上と保管の派遣に比べて高い。

アルバイトで時給1000円で働いているなら、単純に収入が2倍になる。

残業まったくなしで月160時間働いた場合、月32万円稼ぐことができる。

同じ時間働くなら給料が多いほうがよくないだろうか? 

 

派遣であればサービス残業もなく、残業代もきっちりと支払われるのもいい。

下手なブラック企業の正社員になるくらいならエンジニア派遣の方がおすすめだ。

 

エンジニア派遣は難しそうなイメージがあるが、わたしのような職歴なしでまったくの未経験でも働くことができた。

いきなり正社員でエンジニアになるのは難しくても派遣であれば業界に入りやすく未経験から簡単に働くことができる。

IT派遣エンジニアなら未経験でも高額時給で働ける理由

 

派遣なので正社員のように面倒な面接もしなくていい。

IT専門の派遣会社に登録すれば、コーディネーターの人から未経験でも働ける仕事を紹介してもらえるよ。

派遣会社はパーソルテクノロジースタッフリクルートITスタッフィングが大手で案件数が多いのでおすすめだ。

両方共Webでサクッとオンライン登録できるので便利だ。

 

わたしはフルタイムのフリーターで何年も働いていたが「もっと早くエンジニア派遣で働いておけばよかった」と切に思った。

フルタイムのフリーターについてのまとめ

フリーターでフルタイムで働いても給料は横ばいになり、長時間労働をしないと高収入を稼ぐのは難しい。

同じフルタイムで働くならスキルアップもできて平均時給も2,000円以上と高い派遣エンジニアで働くことをおすすめするよ。

エンジニア派遣でスキルアップしながら数年働き、正社員かフリーランスとして働くのがおすすめだ。

 

興味があれば派遣会社に登録してみるといい。

おすすめのIT専門の派遣会社についてはこちらの記事を参考にしてね。

派遣エンジニアにおすすめのIT派遣会社5選!

 

関連記事

派遣エンジニアの実態は?仕事がきついって本当?

女性に派遣エンジニアがおすすめな4つの理由と気をつけるポイント