ハンバート友幸の庭

節約、ミニマリスト、商品レビューなどをするブログ

ヘインズのビーフィーTを購入! ヘビーウェイトTシャツの永久定番品!

ヘインズのビーフィーT

こんにちは友幸です。

夏に向けて、ヘインズ(HANES)のビーフィー(BEFFY)Tシャツを購入したよ。

 

厚手の生地で作られているヘビーウェイトTシャツの定番品だ。

今回はヘインズの定番Tシャツの一つ「ビーフィーTシャツ」を紹介するよ。

 ヘインズのビーフィーTについて

ヘインズのビーフィーT

ヘインズのビーフィーTは今から40以上前、1975年に作られたTシャツだ。

元々は当時流行っていたヒッピーたちのために、プリントTシャツのボディ用として開発された。

 

その後ヒッピー文化は廃れたが、ビーフィーTはヘインズの定番Tシャツとして定着し今に至る。

 

名前のビーフィー(BEEFY)はビーフ(BEEF)の形容詞で「牛肉のような」「たくましい」というような意味だ。

名前の通り、Tシャツのパッケージには牛が描かれている。

ビーフィーTシャツの特徴

ビーフィーTシャツは、カラバリが色々あるが今回は夏に向けて白色を購入した。

夏はやっぱり白Tだよね。

ヘインズのビーフィーT

Amazonで2枚組2000円ちょっとで売られているので格安だ。

サイズは大きめなサイズが欲しかったので、Lサイズを購入したよ。

生地のオンスは6.1オンス

ヘインズのビーフィーT

ビーフィーTシャツは綿100%、6.1オンスの厚めの生地で作られている。

 

Tシャツやジーンズでよく聞くオンス(OZ)だが、実は厚さではなく、重さの単位になる。

1オンスは1ヤード当たり28.3495gの重さになる。

 

オンスもヤードも日本では馴染みのない単位なのでわかりにくいが、糸が同じで生地が重いということは、生地が厚いということだ。

なので洋服の場合、オンスが高いと生地がぶ厚くなると考えていい。

 

ヘビーウェイトと呼ばれるTシャツは大体5~7オンスになるから、ビーフィーTの厚みはヘビーウェイトの中でも中間くらいの厚みになる。

 

厚みがあるので、1枚で着ても乳首が浮いたり、透けたりすることがない。

 

生地の質感は、普通のTシャツに近い。

今期ユニクロで同じくらいの厚みのヘビーウェイトTが売られているが、ビーフィーTに比べてザラザラした質感になっている。

ウォッシュ加工が施されているのかもしれないが、恐らく糸の太さがユニクロの方が太いのだろうと思う。

ビーフィーTの方がツルツルしていて普通のTシャツに近い感じがする。

脇に縫い目がない

ヘインズのビーフィーT

ビーフィーTシャツは、丸胴編みで、脇に縫い目がない仕様になっている。

脇に縫い目がないので、1枚で着ても肌に縫い目があたることがないので着心地がいい。

メーカー側も縫製の手間、コストを抑えることができる。

 

ただし丸胴編みにすると、脇をシェイプすることができないので、洋服のシルエットが直線のボックスシルエットになるという制約がある。

多くのTシャツで脇に縫い目があるのは、そのためだ。

ビーフィーTの場合、もともとゆったりとしたシルエットなのでその点は問題はないんだけどね。

 

丸胴編みの制限から、ビーフィーTは、古き良きアメリカのボックスシルエットになっている。

タグが裾についている

ヘインズのビーフィーT

Tシャツの背面にはタグがついておらず、かわりにプリントが施されている。

 

タグレスなので丸胴編みと同じように、タグのチクチク感がなく1枚でも着やすくなっている。

プリントタグは、一番下に着る下着用のTシャツなどに多い。

無印良品のTシャツにもプリントタグの製品があるよね。

 

それじゃあタグがまったくないのかというとそうではなく、裾にタグが取り付けられている。

ヘインズのビーフィーT

丸胴編みなので、裾にしかつけるところがなかったんだろうね。

ネックラインが太い

ヘインズのビーフィーT

ビーフィーTのネックラインはリブの幅が広く厚みがある。

そのため、かなりカジュアルな印象のTシャツとなっている。

 

ここ最近のトレンドはカジュアル、ストリートに寄っている印象があるので、今の時代にあっているTシャツともいえる。

カジュアル色が強いので、白、黒、紺などのシンプルな色を選んだ方がよさそうだ。

ただシャツの下に着たときは、ネックラインが見えない方がいいだろう。 

 

デザイン面以外でもネックラインが厚手な分、首がよれにくいというメリットもある。

ビーフィーTは厚いので乳首が透けない

生地のオンスの時にも話したが、ビーフィーTは生地が厚いので、1枚で着ても乳首が浮いたり、透けたりする可能性が低い。

ヘインズのビーフィーT

白のTシャツを買うときは、生地の厚さが重要になるが、ビーフィーTは「アウターTシャツ」と呼ばれるように、1枚で気軽に着ることができるよ。

ビーフィーTの洗濯後の縮みを調べてみた

ヘインズのビーフィーT

ビーフィーTは綿100%でできていて防縮加工などもされていないので、洗濯をすると若干縮んでしまう。

 

洗濯で縮んでも着ていくうちにまた伸びるので、繰り返し着ていくうちに自分の体にフィットしていくというメリットがある。

同じくアメカジの代表アイテムであるジーンズと同じだね。

 

リジットのジーンズだと、ワンサイズくらい小さくなることもあるので、一度洗濯をしてから再度店に持っていって裾上げをするんだけど、ビーフィーTシャツは果たしてどうなんだろうか?

 

ビーフィーTシャツはどれくらい縮むのか一回着て洗濯した後に測ってみた。

  洗濯前 洗濯後
着丈 68cm 67.5cm ‐0.5cm
身幅 53cm 51.5cm ‐1.5cm
肩幅 49.2cm 48cm ‐1.2cm
袖丈 22cm 21.7cm ‐0.3cm

 

結果、身幅が‐1.5㎝と一番縮んだ。

胸囲全体で3cm小さくなっていることになる。

次が肩幅で-1.2㎝だ。

 

着丈と袖丈の長さはあまり変わらなかった。

洗濯をすると、横に縮むが、縦にはあまり縮まないことがわかる。

まぁ着丈が大きく縮むと一番困るからね。

 

1度洗濯したら後はあまり縮まないと思うが、洗濯で生地が密になっていけばもう少し縮んでいくかもしれない。

横に縮むのを考慮すれば、XLを買ってもよかったかもしれないね。 

ヘインズのTシャツの違い

ヘインズにはビーフィーT以外にも定番のTシャツがいくつかラインナップされている。

代表的なのは以下の3つだ。

  • 3P-Tシャツ
  • ジャパンフィット
  • ビーフィーTシャツ

ビーフィー以外のTシャツを軽く説明しておくよ。

3P‐Tシャツ(3パックTシャツ)

Tシャツといえばヘインズ。

ヘインズといえばパックTだ。

 

3P-Tシャツは、1947年に誕生したパックTシャツの元祖。

3枚入りで売られているヘインズの超定番商品だ。

 

パックTシャツには赤ラベルと青ラベルの2種類がある。

赤は綿100%、青はポリエステルが25%含まれている生地で作られている。

着心地を求めるなら赤ラベル、耐久性を求めるなら青ラベルといった感じだ。

 

値段は青ラベルよりも赤ラベルの方が安くなっている。

「パックTといえばこれ」という定番商品だ。

ジャパンフィット

ジャパンフィットは、比較的最近できたラインだ。

細めのスタイルがトレンドだった時にできたラインだったと記憶している。

 

名前の通り日本人に合うようにパターンが作られているラインだ。

アメリカ生まれのヘインズのTシャツは全体的にサイズが大きめだ。

それを日本仕様に細身に作ったラインになる。

 

そのため身幅、着丈、袖丈など全体的に細身の作りになっている。

また、ネックラインも細目だ。

最初からウォッシュ加工がかかっているので、洗濯後の縮みもない。

 

パックTと同じように赤ラベルと青ラベルがあり、綿100%か、ポリエステルが入っているかの違いがある。

ヘインズの3つのTシャツの違い

ヘインズの3つのラインのざっくりとした違いをまとめてみた。

  定価(税込) 身幅 着丈
ジャパンフィット 2700円(2枚組) 細い 短い
赤ラベル3パックT 2160円(3枚組) 普通 長い
ビーフィー 2808円(2枚組) ゆったり 普通

ジャパンフィットは身幅、着丈共に小さく全体的にコンパクトな作りになっている。

 

パックTシャツは、身幅はジャパンフィットとビーフィーの中間くらいだが、着丈が長めだ。

恐らくシャツの下にインナーとして着ることを前提に作られているので、シャツと一緒にタックインできるようにしてあるのだろう。

 

ビーフィーTは1枚で着ることを想定して作られているので身幅はゆったりだが、着丈はパックTよりは短くなっている。

 

細身のTシャツが欲しいならジャパンフィット、ゆったりとした丈夫なTシャツが欲しいならビーフィー、安いTシャツが欲しいならパックTを選ぶといいよ。

まとめ

ヘインズのビーフィーTは、ヘビーウエイトTシャツの定番品だ。

丈夫で比較的ゆったりめなので、今時のシルエットを1枚で作ることができる。 

 

最近暖かくなってきたので、白Tシャツを着ている人をちらほら見るようになったが、これからの時期に活躍するだろう。

わたしが見た時はAmazonのベストセラーにもなっていた。

購入する人も多いんだろうね。

 

2枚セットで買った方が安いが、1枚でも売っている。

お試しで1枚買ってみて、よかったらリピートするのもいいかもしれない。

 

同じようなヘビーウェイトTシャツを探しているなら、ユナイテッドアスレもおすすめだ。

ユナイテッドアスレは他メーカーに比べて、ヘビーウェイトTシャツの種類が多く、中には7オンス以上の極厚地のものもある。

値段も1枚1000円以下で買えるので安い。

ヘビーデューティでタフなTシャツを探しているなら検討してみてもいいかもね。