ハンバート友幸の庭

節約、ミニマリスト、商品レビューなどをするブログ

派遣社員が語る派遣を辞めるタイミングと理由

派遣を辞める

こんにちは友幸です。

「派遣で働いているけど、もう辞めたい」。

だけど、辞める理由やタイミングを掴みかねている人は結構いると思う。

 

わたしは派遣で働いているが、現在の派遣先での仕事を辞めることにした。

この記事では派遣社員としての経験から「派遣を辞めるタイミングや理由」を紹介するよ。

派遣を辞めようと考えている人は参考にしてほしい。

派遣を辞めるときは、派遣の契約が満了した時がベスト

派遣を辞めるときは、契約満了の時がベストだ。

だいたい3カ月更新が多いので、その区切りごとを狙って派遣を辞めよう。

 

派遣の契約更新をするかの確認はだいたい、契約終了の一カ月前になる。

例えば契約が12月末までなら、11月末ごろに契約更新の確認が入る

このタイミングで更新しない旨を伝えよう。

 

もちろんどうしても辞めたいときは契約更新のタイミング以外でも辞めることはできる。

法律では2週間前に会社に辞めることを伝えれば、辞めることができる。

ただ派遣会社は契約で「3カ月は人を派遣する」という契約を結んでいるので、いきなり辞めてしまうと派遣会社に迷惑がかかってしまう。

どうしても耐えられない場合以外は、極力契約更新のタイミングで更新した方がいい。

 

あと辞めるときは、必ず派遣会社の担当営業に先に伝えよう。

派遣元に先に辞めることを伝える→派遣会社に連絡が入るが、派遣会社は辞めることを把握していない、となると「どういうこと?」と場が混乱してしまう。

 

職場の親しい社員に先に話すのもよくない。

そのまま派遣先の上司に話が行く可能性があるからだ。

派遣を辞める時はまず担当営業に伝えよう。

契約更新時に辞めると失業保険に給付制限がつかない

派遣会社を契約更新時に辞めるべき理由がもうひとつある。

契約更新時に更新せずに仕事を辞めると、3ヶ月の給付制限なしで失業保険をもらうことができる。

派遣社員が契約満了で退職した場合、失業保険に給付制限はつくのか? - ハンバート友幸の庭

 

 

派遣社員が契約更新をしない場合「自己都合」の退職になるが、失業保険の3ヶ月の給付制限はつかない。

1年以上働いて失業保険を受給する資格さえあれば、派遣会社を辞めてもすぐに失業保険をもらうことができるので、しばらく働かないでもすむ。

これは派遣社員ならではの大きなメリットなので、できれば契約更新時に辞めたほうがいい。

派遣を辞める理由

派遣を辞める理由は色々あるだろう。

いいたいこともあるだろうが派遣先についてネガティブなことを言うのはあまり良くないのでやめておこう。

 

辞めたい理由が本当は「派遣先の会社の雰囲気が悪い」だとか、「上司がそりが合わない」という理由であっても胸にそっと秘めておき、できるだけポジティブな辞める理由を伝えよう。

 

「朝起きるのがだるいから辞めたい」と正直に言うのは素敵だが、人格を疑われるのでおすすめはできない。

 

辞める時のおすすめの理由は「現在とは違う別の職種で働きたい」だ。

派遣は職種ごとの募集になることがほとんどなので、職種を変えたいという理由であれば、無理に引き止められることはない。

 

あと、できるだけ変な嘘はつかないほうがいい。

例えば嘘をついて就職も決まっていないのに「新しい就職先が決まった」と言ってしまった場合、どこに就職が決まったのか聞かれてしまい、グダグダになる可能性もある。

 

わたしの場合は「別の収入があるのでそっちを頑張っていきたい」と伝えた。

一応嘘ではない。

派遣会社の担当営業に相談してもOK

もし辞める理由がうまく思いつかない場合、担当営業の人に正直に辞める理由を話して、派遣先に伝えるための辞める理由を一緒に考えてもらうのもありだ。 

わたしも契約更新の際に、派遣会社の担当営業の人に辞めることを伝えると「派遣先には何と言っておきましょうか?」と聞かれたので、担当営業に話せばうまくやってくれるはずだ。

派遣会社の担当営業の人は今まで何人もの契約終了を伝えてきている「契約終了を伝えるプロ」だ。

相手も穏便にことを進めたいはずなので、相談してもおかしなことにはならない。

 

基本的に辞める時は、担当営業が派遣先に辞めることを伝えることになる。

自分で考えるのが苦しいなら担当営業に相談して、後は任せよう。

もし派遣先に引き止められたら

わたしの場合辞める旨を派遣会社から伝えてもらったら、その後、派遣先の上司に呼び出されて「もっと早くいって欲しかった。代わりの人を見つけないといけないが1カ月では見つけれられない」と言われた。

 

仮にあなたが、このように派遣先に引き止められても気にする必要はない。

 

派遣契約の場合、3カ月毎の契約の場合が多いが、6カ月や1年の契約もある。

これは、派遣会社の担当営業に確認した。

そしてそれぞれの更新月ごとに更新確認が行われる。

 

派遣社員が長期で働くことを希望するのであれば、3カ月契約にせず最初から半年、1年などの長期契約にすればいいだけの話だ。 

派遣先が3カ月契約に設定しているのに、こちらが「契約更新しないと困る」といわれても完全にお門違いだろう。

 

派遣契約は双方の同意がないと更新されない。

これが基本で当たり前の話だ。

契約更新の確認を1カ月前に行うのも、派遣会社が「これくらいの期間があれば十分だろう」と判断してのことだろう。

そのあたりの文句をわたしに言われてもしょうがない。

 

気の弱い人はここで押しに負けて継続してしまうかもしれないが、こちらに落ち度は全くないので気にしないでおこう。

 

それに「もっと早く言って欲しかった」と言われても、早めに言ったら辞めるまでの期間正直気まずくなるだけだ。

「早めに辞める旨を伝えて欲しい」というのは派遣先の都合だが、こちらとしてはできるだけ遅めに伝えたいと考えるのは当然だろう。

 

わたしがいた派遣先は普段から「自分の売りたいものではなく、客のメリットになる商品を提案しよう」と言っていた。

なのに派遣を辞めるときに、こちらのメリットを何も示さずに「会社が困るから辞めないでくれ」でごり押しされてもびっくりするくらい何も響かなかった。

交渉するなら、時給をあげるなりして、「更新することでこちらに何のメリットがあるのか示さないと」話にならない。

 

3カ月くらい前に伝えて欲しかったらしいが、3カ月ごとの契約更新なのに普通に考えて3カ月前に言うわけない。 

こういうふうに派遣の仕組みを理解していないおっさんから訳のわかならいことを言われる場合もあるが、ざれごとなので別に気にしないでいい。

 

引き止められて続けてもいいことはないので、自分の利益を優先してさっさと辞めよう。

辞めると決めたら辞めよう

派遣のメリットの1つに契約期間が短いので、フレキシブルに働くことができ、辞めたいタイミングで辞めることができる点にある。

 

本当は法律では正社員でも2週間前に辞めることを伝えれば辞めることもできるのだが、実際はそうはいかない場合がほとんどだ。

わたしの友人は辞めることを伝えも1年くらい人手不足のため、正社員として働いていた。

かわいそうに。

 

派遣は「契約更新のタイミング」で辞めるのであれば何の問題もない。

もともとそういう契約だ。

わたしのように、派遣先に小言を言われても完全にお門違いなので気にしないでいい。

困るなら最初から長期契約にするか、社員を雇えばいいだけなのだから。

 

契約が終わる時は派遣先、派遣社員どちらかが契約更新をしないと決めた場合だ。

派遣先が契約更新しない、派遣社員が契約更新しない、どちらの場合も、最終的にはお互いの利害は一致しなくなる。

利害が一致しないなら、自分の利益を優先したほうがいい。 

 

引き延ばしても結果は変わらない。

自分が派遣を辞めると決めたら、気にせず辞めたほうがいいよ。

エンジニア派遣におすすめの会社

最後に次の仕事を探すのにおすすめの派遣会社を紹介するよ。

エンジニア派遣ならおすすめはパーソルテクノロジースタッフだ。

 

ここは「インテリジェンス」と「テンプスタッフテクノロジー」大手2社が統合した会社だ。

 

ITエンジニア系の派遣会社の中で案件数が一番多く、高単価なので給料も高い。

IT系のエンジニア派遣をするなら絶対に登録しておいた方いいい派遣会社だ。

現在はWebだけで簡単に登録することができるようになっているので20分程度で登録できる。

 

派遣エンジニアにおすすめの派遣会社は以下の記事を参考にしてね。

派遣エンジニアにおすすめのIT派遣会社4選!

 

IT以外の派遣の仕事を探すのであればリクルートスタッフィングを使おう。

大手の派遣会社で給料も高い。

わたしも利用していたおすすめの派遣会社だ。