ハンバート友幸の庭

節約、ミニマリスト、買った商品のレビューなどを紹介するブログ

Logicool(ロジクール)のワイヤレスキーボード「K270」を購入したのでレビュー!

Logicool(ロジクール)のワイヤレスキーボード「K270」

こんにちは友幸です。

 

デスクトップPC用に新しくキーボードを購入したので、レビューするよ。

新しくキーボードを購入した理由

デスクトップPCは購入した時に付属していたキーボードをずっと使っていた。

 

これといった特徴のない普通のキーボードだったけど、使っていて特に不便は感じなかった。

じゃあなんでわざわざ新しいキーボードを購入したのかというと、キーボードが壊れたから。

 

壊れた理由も、長年使っていてキーボードの寿命がきたというわけではない。

洗濯機を捨ててから手洗いをしているんだけど、絞りが足りなかったせいで洗濯物から水が垂れてキーボードに直撃してしまい壊してしまった。

 

完全に自分のミスだ。

 

しばらく画面にキーボードをだして使う「スクリーンキーボード」を使っていたが、使いにくすぎたので新しくキーボードを買うことにしたよ。

Logicoolのワイヤレスキーボード「K270」を選んだ理由

色々キーボードを見てみたけど、最終的に購入したのはロジクールの「K270」というモデル。

壊れた理由が水に濡らしてしまったことだったので、水洗いできるモデルも検討した。

ロジクールの「K310」は水洗い可能でデザイン性も高い。

ボタンが盛り上がっているので、キーボードのボタン周りも掃除しやすくなっている。

 

この水洗いできる「K310」と「K270」どちらにするか悩んだけど最終的に選んだキーボードは「K270」だ。

選んだ理由は4点。

  • 「K270 」のほうが1000円程度安い
  • ワイヤレスなので机周りがゴチャゴチャしない
  • 耐水設計になっている
  • 3年間無償保証付き

あと、Amazonのキーボードカテゴリーでベストセラー1位だったからっていうものある。

 

今までPCに付属していたキーボードを使っていたので、新しく買うキーボードにも特別な機能は求めていない。

 

安くて打鍵できる最低限の機能のキーボードであれば問題ない。

Logicoolのワイヤレスキーボード「K270」のディテール

Logicool(ロジクール)のワイヤレスキーボード「K270」

Amazonで購入ポチって数日後、キーボードが届く。

値段は2000円程度。

Amazonではキーボード単品のほかに、マウスとのセットも売られている。 

 

購入してすぐにAmazonのプライムセールが実施されて、タイムセールで安くなっていたので少しショックだった。

しくじった。

 

Amazonに書いてある特徴は以下の通り。

  • 【快適なフルサイズレイアウトのワイヤレスキーボード】 テンキー、幅広いカーブしたスペースバーを備えたワイヤレスキーボード。薄型且つコンパクト
  • 【簡単接続】 レシーバーをパソコンのUSBポートに挿すだけで使用できる、カンタンプラグ&プレイ仕様 【耐水設計+高耐久性】最大60mlの液体量の試験条件にパス。500万回のキーストロークテスト済み
  • 【省エネ設計】 ON/OFFスイッチ以外にも、自動スタンバイ機能を装備、最大2年間、電池交換なしで使用も
  • 【クイックワンタッチキー】ボリュームの上げ下げ やブラウザの起動etc.ワンタッチで行える8つのホットキー装備

 

中を開けてみると以下の4点が入っている。

  • キーボード本体(電池付属)
  • 取扱説明書
  • 保証書
  • USBレシーバー

Logicool(ロジクール)のワイヤレスキーボード「K270」

 

ワイヤレスなので、PCに挿すUSBレシーバーがついている。

Logicool(ロジクール)のワイヤレスキーボード「K270」

オレンジのマークはロジクールの「Unifying」という機能に対応しているマーク。

このUSBレシーバー1つで、ロジクールのワイヤレスマウスやキーボードが最大6つまで使えるようになる。

 

6つも使わないだろうけど、USBポートを節約できるのはいい。

他メーカーと差別化をはかるための独自技術だね。

「うちで統一するとお得ですよ」ってやつ。

 

キーボードの右上にはワイヤレスをON,OFFにするスイッチがついている。

届いた時からONになっているので、USBレシーバーをPCに挿せばすぐに使えるようになっている。

Logicool(ロジクール)のワイヤレスキーボード「K270」

 

続いて、キーボードの背面。

電池は最初から付属している。

 

シールが貼ってあるので引っぱれば使えるようになる。

Logicool(ロジクール)のワイヤレスキーボード「K270」

 

使用する電池は、単4電池が2本。

商品説明には電池の寿命は「最大で2年もつ」と一応書いてある。

頻繁に使うとそこまでは持たないだろうと思うが「Amazonのレビューでは2年持つ」という意見もある。

Logicool(ロジクール)のワイヤレスキーボード「K270」

ロジクールのキーボード「K270」の打鍵感、打鍵音について

キーボードで気になるのが、タイピングをしたときの打鍵感だろう。

 

実際に使ってみたところ、最初は軽くてゆっくりと沈み込んでいく感じ。

打鍵した時の感触は軽い。

 

Amazonのレビューでも軽いという意見が多いようだ。

キータッチは「フカフカ」の一言に尽きる。

でもそれが問題になったことは無い。

 

軽いからといって別に押しにくくはない。

このあたりは好みの問題だろう。

 

わたしはノートPCを使うことの方が多いので、デスクトップPCのキーボードの打鍵の軽さはあまり気にならないかな。

「こんなもんかな」って感じ。

 

次に打鍵音について。

実際に使ってみたところわたしはタイピングが強めなのもあるが、打鍵音が結構ある。

地獄のミサワみたいになる。

 

カチャカチャカチャ・・・・

 

ッターン!

 

商品説明に「静穏設計」と書いてあるが、普通にカチャカチャ音がでるよ。

 

Amazonレビューにも同じような感想がある。 

キーボードを押す際にカチャカチャ言わないものを探していいて、静音設計と記載あったので、こちらを購入しましたが・・普通のキーボードと同じくらいカチャカチャと音がします。

静穏に関しては期待しない方がいいよ。 

上部についているワンタッチキーが便利

「K270」にはファンクションキーの上に「クイックワンタッチキー」がついている。

これが結構便利。

Logicool(ロジクール)のワイヤレスキーボード「K270」

音量の調整やミュート、ブラウザの立ち上げ、スリープなどをワンタッチで行うことができる。

ちょっと音量を調整したいときや、電話に出るときに音量を消したりしたいときなど便利。

スリープ状態にボタン一つでできるのもいい。

 

表示されている記号も視覚的にわかりやすいので、特にパソコン初心者にはありがたいんじゃないかな。

 

パソコン上級者からすれば余計な機能かもしれないが、そういう人は使わなければいいだけの話。

あって損はないよ。

まとめ

ロジクールのワイヤレスキーボード「K270」の特徴は以下の通り。

  • 値段が安い
  • ワイヤレスなので机周りがスッキリ。
  • 打鍵感は軽い
  • 打鍵音はカチャカチャいう

 

ワイヤレス式は電池が必要なので今まで避けてきたが、ケーブルが無くなるので見た目がかなりスッキリする。

電池も思ったより長持ちするみたいだしね。

 

この機会にマウスもワイヤレスにしようかしらん。

ロジクールのマウスなら、USBポートを節約できるし。

 

机周りをすっきりさせたい人や、ワイヤレスのキーボードが欲しい人におすすめできるかな。

Amazonのレビュー数も多いし、売れ筋なのでまず間違いない商品だろう。