読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバート友幸の庭

貯金1000万円でセミリタイア中のミニマリストワナビー。月5万4000円で節約生活中。

100均の手袋を購入。安い防寒具をうまく利用して冬を乗り切ろう!

こんにちは友幸です。

 

冬になると寒くて外に出るのがいやになるが、外に出ないといけないときもある。

仕事に行くための通勤はその最たるものである。

わたしは自転車で通勤しているが、走っていると、ハンドルを握る手が風をうけて、だんだんと冷たくなってくる。

歩いて通勤する場合は、ポケットに手を入れておけば防げるが、自転車だとポケットに手を入れるわけにもいかない。

 

自転車に乗っていると寒さで手がかじかんできたので、100均で手袋を買ってきたよ。

100均の手袋

100均の手袋

購入したのは、ダイソーの「裏起毛手袋」である。

男の防寒とかかれているメンズ用の手袋だ。

 

男らしく、スマホを操作できるような小細工はない。

ただただ、防寒のために生まれた、手袋である。

 

ちょっと大きめと書かれているのも男らしさを感じさせる。

 

色は黒、柄はないシンプルなものを選んだ。

男の防寒と書かれていたものはおしなべて、柄なしの黒色だったよ。

100均の手袋の詳細

100均の手袋

素材はアクリル100%。

これで毛100%だったら逆にびっくりである。

 

タグの下の方に「男の防寒OC29」、隣に「No9」と書いてある。

なんか意味深でかっこいい。

 

40度までの温度ならネットを使えば洗濯可能である。

100均の手袋

裏返してみると、「裏起毛手袋」という名前の通り、毛がもさもさしている。

これで、温かさをアップしているようだ。

 

編み機で自動的に製造されているのだと思われるが、手編みした場合、裏側が起毛している糸だと編みにくそう。

 

うん?

そもそも糸に裏表とかあるのかな。

普通に編んだら、表にも起毛している部分がちらほら出てくるよね。

おそらく、編んでいる時に裏側だけ、起毛した糸を絡みこませているものだと思われる。

裏の糸をよく見ると、表地とは種類の違う糸が横に走っている。

その糸が起毛した糸なのだろう。

 

つまり糸を二重に編み込んでいるというわけだ。

大変だね。

100均の手袋の防寒性

100均の手袋を使って自転車に乗ってみたが、段違いに暖かい。

男の防寒具の名前は伊達じゃない。

 

セーターって見た目は暖かそうだけど、実際は風を通すので、見た目ほど暖かくなかったりする。

同じようにこの手袋も編み物なので風を通すのだが、裏の起毛があるため、うまくそのあたりをカバーしてくれている。

他にもあるよ100均手袋のメリット

一番のメリットは108円であること。

冬だけ購入してがんがん使用して、温かくなったら捨てることができる。

わたしはここ何年かは冬はこの100均の手袋にお世話になっている。

使い終わったら、ウエスとして、床を掃除するのに使ってるよ。

 

昔、ブランド物のレザー手袋とか買ってみたことがある。

しかし革手袋ってケアが大変めんどくさい。

かといって放っておくと臭くなる。

汗や皮脂がついているので放っておくとカビが生えてくるし。

しかも大して暖かくもない。

 

その点、100均の手袋はがんがん洗濯できるので、便利。

冬以外は使用しないので、保管する必要もない。

大変便利なアイテムなのである。

 まとめ

100均の手袋をうまく利用すれば、冬も難なく乗り切ることができる。

わたしが購入した男の防寒シリーズの手袋以外にもノルディック柄の冬っぽい手袋もある。

カジュアルにはなるが、季節感を出したい人はそっちをどうぞ。

 

正直、100均の帽子や、ストール系はクオリティが低いと思っている。

しかし、手袋は見た目的に差がつきにくい。

100均で十分ではないだろうか。