読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバート友幸の庭

貯金1000万円でセミリタイア中のミニマリストワナビー。月5万4000円で節約生活中。

財布で年収が変わるって本当なの?長財布でお金が貯まるってほんと?

財布

こんにちは友幸です。
 
世の中にはいろいろな噂話、都市伝説、疑似科学など本当かどうかわからない話がたくさんある。

その中にお金に関する話がある。

なんでも財布によって年収が変わったり、お金が貯まったりするとのこと。

 

財布はお金と一番近いところにある道具だ。

お金に関する話がでてくるのは至極当然といえる。
 

そういった財布にまつわるお金の話について考えてみたよ。

長財布を使っている人はお金が貯まる?

お金が貯まる人は長財布を持っているという話がある。


お金は自分を大切に扱う人のもとに集まり、ぞんざいな扱いをする人のところから離れていく習性があるらしい。
 

その点、長財布はお金を折らずに入れることができる。

お札を折らないということはお金を大切にすることになるので、お金に喜ばれて、お金が集まってくるという話だ。


またお札の向きをそろえることも大事だといわれている。

長財布は、二つ折り財布に比べるとお札の向きを簡単にそろえることができる。

 

以上のことからお金に好かれる長財布を使うとお金が寄ってくる。

 

眉唾な話だが、「長財布を持つとお金が貯まる」と人に言われたことが何回かある。

テレビや本などで得た情報だろうが、ソースは不明。
 
なんとなく物に魂が宿る八百万の精神が垣間見える。

スピリチュアル系の話である。

長財布のダメなところ

長財布の何よりもダメなところは「かさばる」点である。

女性は財布をバックに入れることが多いだろうが、男性の場合、ポケットに入れて持ち歩くことが多い。
 
しかし長財布をポケットに入れると収まりきらずにはみ出してしまうのだ。
そんなわけで、ジーンズの後ろポケットに入れていると長財布が頭を出している。
そのまま、自転車に乗ったり、座ったりすると、財布がポケットから押し出されて落ちてしまうこともある。
 
長財布は無駄に長いのだ。
 

また長財布は盗まれる可能性が高い。

日本だとあまり盗まれることはないかもしれないが、治安の良くない海外に行ったとき、長財布を後ろポケットに入れていくのは盗んでくれと言っているようなものだ。

 

そういう意味で、長財布を後ろポケットにいれることができる日本は平和な国である。

高い財布を買うとお金が貯まる?

高い財布を買うとお金が貯まるという話もある。

お金を入れる器である財布が安物であると中身も貧相になっていくという話だ。
 

また、お金持ちの人たちは高級な財布を使っている。

お金持ちの人を真似して高い財布を買えばお金が貯まるという話もある。

しかし、この場合どう考えても話が逆で、高い財布を持っているからお金持ちになったのではなく、お金持ちだから高い財布を持っているだけだ。
 

年収は財布の値段の200倍、だから高い財布を買えば年収が上がるというわけのわからない説もある。
 

財布が安物であるとお金が逃げていくという話も、長財布と同じように眉唾である。

高級財布でお金が貯まらない理由

一言でいうと、
 
そんなものを買うくらいなら貯金しろ!
 
である。
 

高級財布を買うのは別にかまわない。

それは趣味の問題だ。
 

しかし、お金を貯める目的で高級財布を買うというのは本末転倒。

財布は豪華になっても、中身がさみしくなっては意味がない。

お金持ちは高級財布を買っても、中身がさみしくならないからね。
 

本当は「お金を貯める」という名目を作り上げて、新しい財布を買ってお金を使いたいだけなんじゃないだろうか。

財布は3年で買い替えるという話も同じように新しい財布を買う口実を作る方便にしか聞こえない。
 

お金を貯める目的意識があるのなら、節約したり、投資を勉強した方が効率的な気がする。

高級財布でないと人前に出せないよ、という人もいるかもしれないが人前で財布を出すことってあんまりないんじゃないだろうか。

そりゃ店員さんは見てるだろう。

でも一緒に食事に行ったときの支払いで他人の財布なんて確認する?
 

ビジネス上の体裁で高級財布が必要だとも思えないし。

仕事での食事の場合は払っている人のそばにいると失礼にあたるみたいだから、レジの近くにいかないからね。

 

そこそこ普通の財布を買えばそれでいいんじゃないだろうか。

高級財布、長財布じゃなくてもお金は貯まる

わたしは以前、長財布を使っていた。

4万以上したブランド物の長財布。

結構高い財布だった。
 
しかしお金は全然たまらなかった。
その時は貯金する意識が全くなかったからだ。
 

そのため毎月のお金は残らずにすべて消費に消えていった。

とくに派手な暮らしをしたわけではない。

 

わたしは基本的に倹約して生活する人間だ。

金欠になることもなかったので、ある程度は計算してお金は使っていたと思う。

しかしお金を貯めるという意識がないためにお金をすべて使う生活を送ってしまっていた。

 

今は100均の財布を使っているが、順調にお金を貯金することができている。

以前との違いは何かといえば「お金を貯める意識」だといえる。
 

高級財布や長財布を買って金運を上げることを期待するくらいなら「お金を貯める」決意をしたほうがよっぽど効果的である。
 

そのためにはお金を貯める目標を持つことが大事である。

まとめ

年収を上げたり、お金を貯めたいなら財布を買い替えても意味はない!

とりあえず財布と年収との因果関係がまったくわからない。

バタフライ効果的に間接的に影響を与えているのかと言われればそうかもしれない。

でもそんなこと言っちゃったら、財布よりももう少し関係ありそうなことがいろいろあるはずだよね。
 

安い財布を使った人生と高い財布を使った人生を比較して、年収がどう変化するのか試してみるのが一番だけど、人生は一度きりなので検証もできない。
 

年収と財布の話は眉唾物なので、そこそこの財布を使ってメンテナンスをしっかりしとけばいいよ。
 
関連記事