ハンバート友幸の庭

節約、ミニマリスト、買った商品のレビューなどを紹介するブログ

いらない服と決別するために!手ごろな大きさに切ってウエスとして利用しよう。

布

こんにちは友幸です。

 

洋服を捨てる時には色々な方法がある。

  • そのまま捨てる
  • 売却する
  • リサイクルに持っていく

捨てることで部屋を綺麗にしたいといった目的なら、そのまま捨ててしまうのが、あと腐れがなくていいかもしれない。

しかし、節約派の人間としては、洋服をそのまま捨ててしまうのではなく、なんとか有効に利用したいと考えてしまう。

そして、リサイクルショップに持って行ったりして買取してもらうのだが、明らかに売却しても大した値段にもならないだろうという服がある。

 

そんなどうにもならない服は正方形に切って布としての役割をまっとうしてもらおう。

 とりあえずいらない服を切り刻もう

どう考えても売れないような服はとりあえずハサミで切ってしまおう。

切ってしまえば服としての役割をきっちり終えてくれる。

 

着る大きさは適当だが、だいたい10cm四方ぐらいがいいと思う。

適せん使いやすい大きさに切ってしまおう。

 

シャツはボタンが邪魔になるので、ボタンの部分は捨ててしまってもいいかもしれない。

古くなった靴下なども、この際、お掃除用の布として利用することを検討しよう。

切った布はティッシュの代わりに使おう

出来上がった布はティッシュの代わりに使おう。

Tシャツなどは鼻をかむ時に利用する。

いままで肌に触れていた製品なので当たり前なのだが、鼻をかむ時にカットソーだと肌触りがとてもいい。

これがさながらハンカチで鼻をかんで毎回捨てる貴族さながらの気分が味わえる。

 

鼻セレブもびっくりである。

他にもティッシュの代わりにごみなどをつかむ時も、ティッシュよりも分厚いので、直接触れている感じががしない。

風呂場の排水溝の髪の毛などはティッシュだと、濡れてしまって役に立たないが、布だとしっかりと活躍してくれる。

 

ぼくたちに、もうティッシュは必要ない。

 

掃除をするときに雑巾の代わりに使用する

雑巾の代わりに床を磨くときに使うこともできる。

使い捨てできるので、雑巾のように洗って乾かす手間も必要ない。

雑巾に使うのは、いらなくなったタオルを使うのが一番いい。

洋服じゃないけどね。

 

昔はいらなくなったタオルを縫って雑巾に仕立てていたので、十分雑巾の代わりとして使うことができる。

ハサミで切ったところからパイル地が落ちてくるので、フェイスタオルぐらいであればそのまま使ってしまうのがいい。

油汚れなどに使ってあと腐れなく処分しよう。

革靴に靴磨きに使用する

ウエスといえば、これが最もポピュラーな使い方かもしれない。

最初に汚れを落とす布と、靴クリームを塗る布2枚を利用する。

 

靴下を使えば、手を靴下に入れてそのまま靴クリームをつけることができる。

靴磨きをすることで自分の持ち物に愛着がわくので、靴磨きはやったほうがいい。

 

そういいながら、わたしは最近磨いてないけどね。

明日磨くよ。

切ってしまえば、すっきりする

服を切ってしまうことで気持ちがすっきりする。

服のままだと「まだ着れるんじゃないか」とか「本当に捨てていいのか」など色々余計なことを考えてしまうけど、切ってしまえば後戻りはできないので、気分がすっきりする。

 

ウエスとして利用することで、別のアイテムに生まれ変わり、服としての役割は完全に終わらせることができる。

 

そして元々必要ない服なので、後悔もしない。

あくまで、手元にあるから「もったいない」と思っているだけで、実際は全然必要ないものなのが分かる。

そして上述したように、鼻セレブの気分にしてくれたり、靴磨きの道具になったりしてくれる大活躍を見せてくれるのである。

 

とりあえずいらない服はハサミを入れてしまおう。

まとめ

捨てたくても捨てられないものがある場合、捨てるという行為の負荷が多くて実行できないというケースが多い。

そういう時は小さなことから始めるのが鉄則だ。

 

とりあえず近くにあるハサミを見つけて切れ目を入れてしまおう。

そうすればあとは切り刻むだけである。

 

最初のアクションが小さくすむため、服を捨てる実行性を上げることができる。

特に愛着もないけど捨てられない服はとりあえず、ハサミをいれてみよう。

 

関連記事