読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバート友幸の庭

貯金1000万円でセミリタイア中のミニマリストワナビー。月5万4000円で節約生活中。

ミニマリストの持ち物公開! 靴編 GU(ジーユー)のスリッポン

GUのスリッポン

わたしが所有している、スニーカーを紹介する。

休日は大体このスニーカーを履いている。あまり服装にうるさくないので、最近は職場でも履いている。
 
GU(ジーユー)のスリッポン、定価1490円。
週末の期間限定価格のときに1290円で購入した。
 
以前に購入したダイソーのフットカバーと組み合わせて履いている。

スリッポンのメリット

ミニマリストになるまでは革靴やブーツをよく履いていた。
スニーカーはあまり履かなかったし、履いてもコンバースオールスターのハイカットが多かった。
 
しかしミニマリストになって、ハイカットやブーツなどを履くのがめんどくさいと思うようになった。
最近は身軽に動けるものに服の傾向が変わりつつある。
そんな中購入。
スリッポンは今まで履いたことがなかったが、着脱が簡単でいい感じ。

デザインについて

ミニマリストになるまでは、スリッポンはデザインがシンプルすぎる、足元がのっぺりしてしまうのではないか、思っていて購入する選択肢に入らなかった。
 
しかし今ではそのシンプルなデザイン性に魅力を感じるようになった。
ミニマリストになったからなのか、スリッポンが流行った影響なのかわからない。
多分両方だろう。不思議なものである。
 

VANS(バンズ)のスリッポンとの違い。

スリッポンといえばVANS(バンズ)のスリッポンが定番。

VANSのスリッポンと細かいディテールを比較してみよう。

1.カカトと側面にVANSのロゴがない

当たり前だが、カカトのソールにある赤いVANSのロゴが無い。シンブルになっているのでミニマリスト的には問題なし。

GUとVNAS(バンズ)のスリッポンの違いを比較

2.履き口のパイピングのダブルステッチが途中で止まっている

補強のために履き口にパイピングが施されているが、GUのスリッポンは二度縫いのステッチが足の甲の手前で止まっている。

 

わかりやすいように白ステッチのスリッポンを載せてみた。

VANSのスリッポンはパイピングを黒糸でステッチした後に、同じ場所を白色のステッチで全体を二度縫いしている。

ダブルステッチが入っているので、こちらのほうが存在感がある。

神は細部に宿るというが、よく見ないと気が付かないのであまり気にする必要はない。

GUとVNAS(バンズ)のスリッポンの違いを比較

3.サイズ展開がが1.0cm刻み

ジーユーの靴はサイズが1cm刻みで、26.5cmなどの0.5cm刻みののサイズがない。

GUのスリッポンのサイズ表

26cmだと小さいし、27cmだと大きいといったことがあり得る。

サイズが合わなければ100均で、靴のインソール(中敷)を購入しよう。

100均は庶民の味方である。

4.安い

定価で買っても、GUのスリッポンはVANSのスリッポンの3分の1の値段で買える。

VANSは税込4860円(ABCマートの値段)

GUは税込1609円だ。安い。

 

期間限定価格で990円で売られていることがある。

まとめ

ブランドにこだわらないならGUのほうが断然お得。

VANSのスリッポンを1足買うお金で3足買える。

どうしてもVANSのロゴが必要という人はVANSを買おう。

 

GUのスリッポンを購入するときは週末に安くなっているかチェックするべし。