読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバート友幸の庭

貯金1000万円でセミリタイア中のミニマリストワナビー。月5万4000円で節約生活中。

おすすめのスニーカー5選を紹介するよ!定番に飽きた人はこれを買え!

こんにちは友幸です。

 

革靴よりも疲れにくく、楽で便利なスニーカー。

トレンドとしても、ここ数年革靴よりもスニーカーのほうが優勢が流れもあり、たくさんの商品がラインナップされている。

色々なタイプのスニーカーがあって、どれを選んでいいのか迷っている人も多いだろう。

今回は定番とは少し違う、個人的におすすめのスニーカー5選を紹介するよ。

面白そうなのものがあったら、参考にしてほしい。

 

それでは行ってみよう。

アシックス GEL-LYTE III(ゲルライト3)

ナイキのエアマックスなど様々な90年代のスニーカーが再度登場しているがゲルライトもそのうちの一つ。

 

ゲルという衝撃吸収テクノロジーが1990年代に登場。

そのゲルを搭載したゲルライト3は1991年に発売されたスニーカーである。

最大の特徴は、足の甲を包むタンが二つに分かれている「スプリットタン」と呼ばれる形になっていること。

 

ちなみに後継のゲルライト5はスプリットタンではなく、タンがアッパーとつながった形になっている。

価格的にもゲルライト5の方が、高い。

デザイン的には似ているので、好みで選べばいい。

PUMA R698

はっきり言って、わたしはプーマのスニーカーがあまり好きではなかった。

作りが細身で幅広のわたしには窮屈に感じたし、ロゴがあまり好きになれなかったりと、プーマのブランドイメージ自体もあまりいい印象がなかった。

「プーマのスニーカーを買うのなら、別のブランドのスニーカーを買う」といった具合である。

 

しかしこのR698を見て印象が変わった。

他のモデルに比べて、幅広でボリュームもそこそこあり、サイドに入るプーマのラインマークも目立たないようになっている。

シューレースの先についている、TRINOMICの三角形のロゴもおしゃれ。

 

プーマのスニーカーで一押しは間違いなくR698。

Reebok VENTILATOR ST(ベンチレーターST)

リーボックと言えば、ポンプフューリーの人気が高いが、今回紹介するのは、ポンプフューリーよりも、ハイテク感の少ないランニングシューズ、リーボックベンチレーター。

 

1990年に発売されたランニングシューズ。

ランニングシューズらしく、アッパーがメッシュになっており、通気性が確保される仕組みになっている。

このモデルもエアマックス90と同じように、90年代リバイバルのスニーカーだが、被る可能性はこちらの方が低いだろう。

 

ポンプフューリーよりもハイテク感はないので、なんにでも合わせやすいよ。

Saucony grid 9000(グリッド9000)

アメリカで最古のアスレチックブランドらしいサッカニー。

GRID9000はクッションシステムGRIDを搭載した、1994年に発売されたスニーカー。

 

この靴はサイドスプリットタンという、アシックスのゲルライト3と似たようなタンになっている。

見た目は普通のスニーカーと変わらないが、タンの切れ込みが片方だけに入っている。

それで何が違うと言われると困るのだが、そういうことになっている。

 

サッカニーのJazzやShadowと比べて、切り返しの多いデザインになっている。

NIKE AIR HUARACHE(エアハラチ)

スニーカーと言えば、ナイキは外せない。

定番のエアマックスではなく、1991年に登場したエアハラチをおすすめするよ。

 

このスニーカーは、通常の靴にある踵を包み込むヒールカップがない。

かわりに、サンダルのように、かかとの上をヒールストラップで支えることで足首を固定する変わったランニングシューズ。

見た目が構築的でかっこいいスニーカー。

まとめ

いかがだったろうか。

単純にわたしが欲しいスニーカーを並べただけになってしまったラインナップである。

 

紹介したのは全て1990年代に登場したスニーカーである。

現代のリバイバル版はシンプルな服に合うように色味を抑えたり、単色でまとめた落ち着いたカラーになっている。

切り返しが多いスニーカーが多いので、モノトーンなどの単色でも、素材感の違いなどで立体感をだすことができるよ。

 

90年代のオリジナルは、切り返しに合わせて色を変えていたためごちゃごちゃした印象があった。

もし、そのままの配色でリバイバルしたのでは90年代のスニーカー群もあまり売れなかっただろう。

そういう意味では、スニーカーのモデルは同じでも、受け取られ方は1990年代とずいぶん違うのだろうなと思う。

 

とりあえず、気になったスニーカーがあったら、要チェックである。

 

関連記事