読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバート友幸の庭

貯金1000万円でセミリタイア中のミニマリストワナビー。月5万4000円で節約生活中。

500円貯金でお金が貯まらないのには理由がある。 貯金をなめるな!

こんにちは友幸です。

 

こつこつと労働しながら貯金を蓄える灰色の日々を送っている今日この頃。

今回は貯金について話すことにするよ。

 

貯金の方法はいろいろあれど、気軽に始められる貯金方法が500円貯金である。

500円玉を地道に貯金箱に入れていき、気がつけばお金が貯まっているという素敵システム。

 

500円玉用の貯金箱も売っている。

大きさによって貯金金額が違うので自分の目標に応じて選ぶことができる。

しかし500円貯金って効果が本当にあるのだろうか?

実は500円貯金は全然お金が貯まらない

仮に家に帰った時に、500円が財布にあったら500円玉を貯金箱にいれていくとしよう。

2日に1回500円を入れることができた場合、年間で500円×365/2=9万1250円貯金することになる。

一か月約7604円貯金って少なすぎじゃない?

 

仮に毎日500円を入れることができたとしても年間18万2500円の貯金。

月々約1万5208円の貯金である。

 

普通に給料が入ったら2万円くらい貯金したほうが早くない?

500円貯金で貯められるお金はとても少ないのだ。

500円貯金がダメな理由

仮に毎日500円貯金できても月1万5000円程度の貯金である。

 

しかも毎日500円が貯金できる可能性は低いだろう。

そのうえ、コントロールしようと思えば、恣意的に家に帰る前に500円を使ってしまうことも可能である。

ありえない話ではない。

わたしたち人間の意志は弱いのだ。

 

逆のパターンで500円玉がないから、500円玉を手に入れるために、コンビニで特にほしくもないジュースを買う可能性もある。

 

上記のように失敗する可能性がすこぶる高いのである。

500円貯金は言い訳の道具に使われる

500円貯金は普通に貯金ができない人が「わたしは貯金をしてるアピール」をするための逃げ場所になりやすい。

部屋に貯金箱を置いておけば「自分は貯金をしているんだよ」ってことをアピールすることが簡単にできる。

 

ATM全盛の現代、普通に貯金箱なんか見ることはない。

貯金箱は絶滅危惧種なのだ。

しかし500円貯金箱は適者生存をくぐり抜け、現代に生き残ったニッチな貯金箱として「物質的に貯金をしていることを示す唯一のアイテム」なのである。

 

「他人になんか見せないよ」

という意見もあるけれど、他人ではなく自分を欺くためにも効果的だったりするのでタチが悪い。

500円貯金って絶対貯金箱から出して使ってるでしょ

500円貯金はお金のない時に、具体的には給料日前に消費されるターゲットになる可能性が高い。

後で返すからと言ってお金を取り出して、後になってみると、500円玉がないからと貯金箱にはお金が戻ってこないという悲しい結末がまっている。

 

500円貯金箱は「貯金をしている感」を演出してくれるが、目の前にお金があるということを悪目立ちさせてしまう効果もある。

貯金しているようにみえてマッチポンプのように全くお金が貯まっていないという意味のない結果になる。

500円貯金よりおすすめの貯金方法

500円貯金する人って普段あんまり貯金をしていない人だと思うんだよね。

普通に貯金する人は500円貯金みたいな面倒なことはしないだろうし。

そんな人におすすめの貯金方法を紹介する。

 

それは、一カ月だけ自分の限界まで出費を削ってみること。

出費を削れるだけ削ることで自分がどれくらいの金額で生活できるのかミニマムコストを理解することができる。

具体的には一か月10万円くらい貯められればいいんじゃないだろうか。

 

そうすれば1カ月で500円貯金の6か月分貯めることができる。

そして翌月は半分の5万円くらい貯金してみる。

5万円使える額が増えるのでずいぶん余裕を感じて過ごすことができるはずだ。

もちろん挑戦できるようなら7、8万貯金してみる。

 

そのままうまいこと100万円くらい貯めることができれば、お金が貯まることが習慣化されるので、自然にお金を貯めることができるようになる。

 

最初の一か月を乗り越えれば、楽になるので多少荒っぽいが挑戦してみてほしい。

絶対にこっちの方が効果的だから。

100万円を貯めようと思ったら、500円貯金だと毎日貯金しても5年半かかるからね。

この方法なら1年~1年半くらいで100万円を貯めることができる。

まとめ

500円貯金は「500円を入れていけばお金が貯まる」というシンプルで明快なコンセプトがうけて、今まで生き残っている貯金法なのだろう。

なんだか「リンゴだけ食ってたら痩せます」とか「バナナだけ食っとけば痩せます」みたいな1品ダイエットのノリを感じる。

コンセプトは明快で伝わりやすいけど「栄養バランスどうすんの?」みたいな。

 

500円貯金を妄信すると「500円入れてますけど、いつになったら貯まるんですか?これ」っていうような本来の「お金を貯める」目的を達成できない悲しい結末を迎えることになる。

給料が入ったらすぐに3万円くらい貯金した方が確実だよ。

できる人は頑張って私が紹介した貯金方法を試してみてほしい。

 

関連記事