読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバート友幸の庭

貯金1000万円でセミリタイア中のミニマリストワナビー。月5万4000円で節約生活中。

欲しいものリストを公開してみたよ!新しいコミュニケーションツールとなるのか?

ブログ

こんにちは友幸です。

 

ブログで収入を得る手段にはアドセンスや、アフィリエイトという広告収入がある。

わたしもグーグルアドセンスやA8.netなどの広告収入を利用させてもらっている。

 

しかし他にもブログで収入を得る手段がある。

 

それがアマゾンのほしいものリストである。

正確には金銭ではなく、自分の欲しい商品を公開することで、それを見た読者の人がプレゼントできる仕組みだ。

商品にはアマゾンギフト券もある。

この場合は限りなく金銭に近いものになる。

 

そんなアマゾンの欲しいものリストを少し前からプロフィールに公開してみたよ。

欲しいものリストは市民権を得たのか?

わたしが拝見するブログで欲しいものリストを公開する人が増えている。

 

少し前までは欲しいものリストを公開して、ブログを見ている人に「これが欲しい」とアピールすることはなんとなくいやらしい感じがして抵抗があった。

しかし、最近は私の見ているブログでほしいものリストを公開していることが多くなったため、わたし個人は欲しいものリストに抵抗感がなくなっている。

 

というわけでわたしも試しに欲しいものリストを公開してみることにした。

 

欲しいものリストを公開しているブロガーが増えているということは、私と同じように抵抗感なく、気軽に欲しいものリストは公開できるようになってきているようだ。

欲しいものリストはコミュニケーション手段の一貫か?

欲しいものリストの抵抗感が少なくなったことの理由の一つに、欲しいものリストが、恵んでくれというブロガーの一方的な要求ではなく、読者とのコミュニケ―ションの一種だという認識が広がっている点がある。

 

ニコニコ動画に「振り込めない詐欺」というタグがある。(あった?)

素敵な動画を公開している作者に敬意をこめて、お金を振り込みたいけど振り込めないという意味でつけられるタグだ。(振り込め詐欺をもじっているだけで詐欺をはたらいているわけではない)

同じようにブログも無料で公開されている。

ブログ記事を書いているブロガーに対して、応援したいと思ってくれたり、記事が面白かったから何かアクションを起こしたい。

そんな時に役に立つのが、欲しいものリストだ。

 

読者がアフィリエイトやアドセンスの広告収入を利用することによって、ブロガーに収入が入ることはあるが、あくまで読者から広告を介して間接的にお金が入ってくるのではない。

ブロガーと読者には薄い壁がある。

 

しかし欲しいものリストを使えば、ダイレクトに読者とブログを書いている人がコミュニケーションを取ることができる。

しかも金銭じゃないので生々しくない。

 

ブロガー同士でほしいものリストを送っている人も多い。

ブログのネタにもなるし一石二鳥である。

 ほしいものリストをブログに掲載してもらう

 ミニマリストの先輩ブロガーメグさんが欲しいものリストを公開しているブログを紹介してくれるということで、わたしもお願いしてみた。

欲しい物リストを公開すると届きますと言う話。他のブロガーさんのリストも集めてみた。 - 楽に生きる方法

 

わたしはツイッターのアカウントを持っていないので、右の方にある「お問い合わせ」からメールを送ってブログに追記してもらった。

メグさんありがとうございます!

 

このリストだけでも10以上のブログが欲しいものリストを公開している。

世の中変わったものである。

まとめ

ほしいものリストを見て、送りたいと思った人はガンガン送ってきてほしい。

あなたの判断は間違っていない。

考えるんじゃない感じるんだ。

こちらの受け取る準備は万端である。

 

なんでも人のためにお金を使うと幸せになるらしいよ。

じゃんじゃん送ってきて!

 

関連記事