ハンバート友幸の庭

節約、ミニマリスト、買った商品のレビューなどを紹介するブログ

リサイクルショップでパンツを格安で購入したよ

こんにちは友幸です。

 

先日、近所のリサイクルショップでパンツを購入した。

値段は315円。

安い。

ユニクロのパンツの10分の1くらいの値段である。

リサイクルショップのパンツ

リサイクルショップの魅惑

購入したのはスラックスタイプのパンツ。

H&Mのリネンパンツ(スリムタイプ/525円/グレー)と悩んだが、こちらにした。

若者向けの細身のパンツではなく、ストレートの太いパンツである。

9.5分丈くらいになるので、先日購入したフットカバー+スニーカーと合わせて履くことにする。

ダイゾーで買ったソックス同様失敗してもダメージはほぼない。

 

店のタグ

リサイクルショップのパンツの値札

リサイクルショップの様子

リサイクルショップの店内

ジャンパーという響きが素敵。

 

ターゲットの年齢層が高いためか、スラックスやYシャツがやたらとある。

Yシャツは500円くらいで買えるのでシーズン毎にここで供給可能。

 

Y’s for menのコート(定価7万くらい)が3000円で売っていたので悩んだが、その時は購入しなかった。

 

後日いったら売り切れていた。

少し後悔。

 

買っておいて着なければヤフオクで売ればよかった。

古着は決断力が大事である。

ファッションのサイクル

服は短いサイクルで過剰に生産されている。

流行の移り変わりとともにどんどん切り替わっていくため人はすぐに服を手放す。

そのためリサイクルショップは大量に商品を回収することができる。

 

1着10円程度で買い取り、薄利多売で販売する。

それをわたしが315円で買う。

 まとめ

ファッションを楽しむのに値段は関係ない。

高い服を買うのが洋服を楽しむことではない。

 

ファッションの楽しさと経済の動きは別物である。

それゆえ、楽しみながら節約は可能。

 

後、一応ミニマリスト目指しているので、購入した分断捨離するため、パンツと靴下を処分することにする。