読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバート友幸の庭

貯金1000万円でセミリタイア中のミニマリストワナビー。月5万4000円で節約生活中。

ミニマリストの財布に最適のかっこいい財布「所作」!大きさだけが選ぶ基準じゃない!

こんにちは友幸です。

 

ミニマリストの人たちはどんな財布を持つのがべきか一度ならずとも考えたことがあるはずだ。

ミニマリストの持つ財布として真っ先に思い浮かぶのがアブサラスの「小さい財布」だ。

 サイズ6cm×9cmというコンパクトな形にお札、カード小銭を収納することができる。

グッドデザイン賞2014も受賞しているすごい奴。

 

多くのミニマリストの人たちが使っているため耳にしたことのある人も多いだろう。

しかしみんなが同じ財布を使っているのではつまらない。

多様性があるからこそ世の中は面白い。

 

そこで今回はわたしがミニマリストにおすすめしたい財布を紹介するよ。

他の人とかぶりたくない人はぜひ参考にしてね。

 

それでいってみよう。

 ミニマリストにお勧めしたい財布「所作」

「所作」は日本のレザーブランドである「No,No,Yes!」が製作している財布。

「No,No,Yes!」はもともとグラフィックデザイナーだったデザイナーの方が始めたドメスティックブランドである。

レザー小物の他にも、オーダーで作るレザージャケットなど革製品を中心に製作している。

一枚の革で作られた財布

f:id:tomoyukitomoyuki:20150822090643j:plain

「所作」の最大の特徴は一枚の革を折りたたんでできたデザインである。

 

「所作」は結婚式などにお祝いを包む「袱紗(ふくさ)」という一枚の布がモチーフになっている。
折り紙のように一枚の布を折りたたんで作ったデザインが財布に落とし込まれているのだ。

所作の財布n

最後にボトルで革をつなぎとめてあるが、それ以外の部分は全て折りたたんで作られている。

 

小銭入れは見てのとおり折り重ねて作られている。

所作の財布

財布「所作」の種類

「所作」には3種類の財布がある。

 「ショートウォレット1.0」と「ショートウォレット2.0」そして「ロングウォレット」だ。

写真は 「ショートウォレット1.0」になる。

 

ミニマリストにはサイズの小さい「ショートウォレット1.0」もしくはバージョンアップした「ショートウォレット2.0」をおすすめしたい。

 

現在は「ショートウォレット2.0」が主流のようでアマゾンには「ショートウォレット2.0」しか売ってないようだ。

財布「所作」のサイズ

  • 「ショートウォレット1.0」のサイズは14㎝×11㎝
  • 「ショートウォレット2.0」のサイズは11㎝×10㎝

2.0のほうが進化しているためサイズが小さくなっている。

 

お気づきの方もいるかと思うが、所作は決して小さなサイズの財布ではない。

アブサラスの「小さい財布」は6cm×9cmなので、所作のショートウォレット1.0は約2倍の大きさになる。

下手をすると普通の2つ折り財布よりも大きいかもしれない。

 

一枚の革を折り返して縫っているため折り返しやパターンの関係上大きくなっているといえる。

サイズが大きい財布「所作」をあえてミニマリストにすすめるわけ

それではなぜサイズの大きい財布「所作」をミニマリストにすすめているのか?

 

それは「所作」のコンセプトとデザイン性はミニマリストの考えに通低するものがあると考えるから。

 

「所作」は一枚革でシンプルに財布を作るというコンセプトの元、ミシンを使わない無縫製で作られている。

 

そして一枚革で財布を作るというシンプルなコンセプトを達成するために、財布の型紙(パターン)はパズルのような複雑な形を作っている。

デザイナーの方の創意工夫の上にできている財布が「所作」なのだ。

 

同じように、ミニマリストはモノにとらわれないように生活するため、シンプルな最低限のモノと共に暮らしている。

 

モノを減らした生活をするには様々なアイデアが必要になる。

例えば、今まで当たり前に必要だと思っていたモノが、実は必要ないものだった場合。

あまり乗らないが所有していた車を手放して、カーシェアリングを利用する。

埋もれるばかりの本を電子化して処分する。

たくさんの靴を処分して、自分の生活にあった目的の靴を残したり、ONとOFF両方で使えるものを探す。

 

自分の生活を見つめなおして、最適なものを選んでいく行為は創意工夫が必要になる。

 

「所作」の創意工夫の上に作られたシンプルな一枚革の財布は、「ミニマリスト」の創意工夫なアイディアでつくられるシンプルな生活に通じるものがある。

 

わたしがミニマリストにすすめるのに「所作」を持っていない理由

所作の存在を知ったのは、デザイナーをしている友人が持っていたから。

 

友人がかっこいい財布を持っているなと思って、聞いてみると「No,No,Yes!」の「所作」という財布だという。

それが「ショートウォレット1.0」だった。

「No,No,Yes!」はレザーブランドだとは知っていたが、レザーウェアをビスポークで作っているということしか知らなかったので、小物の存在はそこで知った。

 

そういうわけで友人が使っている財布を自分も買って使うのは抵抗がある。

そしてもう1つ理由がある。

 

その後、しばらくして妹から「何かおすすめの財布がない?」と聞かれたときに「所作」の財布を進めたのだ。

しばらくすると妹は本当に財布を「所作」の「ショートウォレット1.0」に買い換えていた。

 

身近に2人も持っている財布なのでますますわたしが買うことはなくなってしまったというわけ。

 

ちなみに今は100均一の財布を使っているよ。

まとめ

「所作」はサイズがミニマルなわけではないが、精神性はミニマリストと親和性が高い。

わびさびに通じるところがある。

 

洋服を買いにいき会計の際、「すごい財布ですね」「変わった財布ですね」と話題を振られることも多いとのこと。

話のネタにもなる財布である。

 

なんでもサイズが小さければ正義なのではない。

ミニマリストが長財布を使ったって全然問題ない。

 

いろいろ書いたが、ようは

「所作」はシンプルながらデザイン性が高く、かっこいい財布だからおすすめだよってことが言いたかった。

 

一味違う財布を探している人はぜひ一度手にとって見てほしい。

ミニマリストの方におすすめ!