読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバート友幸の庭

貯金1000万円でセミリタイア中のミニマリストワナビー。月5万4000円で節約生活中。

靴の寿命はどれくらい? わたしが今まで履き潰した靴を振りかえってみたよ

ミニマリスト ミニマリスト-ファッション

コンバースオールスター

こんにちは友幸です。

みなさんはどのくらいの頻度で靴を買い替えるのかな?

オシャレな人は一年単位で買い替えたりするようみたい。

しかし根が貧乏性のわたしは基本的には靴は限界まで履き潰すことにしている。

 

昔は履いている靴を履きつぶすと、新しい靴を買うという自分ルールを作ったこともある。

そのルールに縛られて、新しい靴が欲しいために、早く今履いている靴を履きつぶそうとして、散歩に出かけるという本末転倒な状況になってしまったこともある。


今回はわたしが今まで履き潰した靴を振り返ってみることにするよ。

30歳のわたしは今までどれくらいの靴を履き潰しているのか?

気になるところである。


それではいってみよう。

 コンバースオールスター黒 ローカット

地元の友達にもらったスニーカー。

定番中のど定番であるコンバースオールスターの黒色。

定番すぎて人と被っても痛くもかゆくもないニクイやつ。

 

もらった時から結構ボロボロだったためもらってから履き始めてすぐにソールが抜けた。

もしかしたらこれがわたしの初コンバースだったかもしれない。

コンバースオールスター 白 ハイカット

ハイカットの写真は見当たらなかったのでローカットを載せている。

こちらも友人にもらった靴。

 

定番のコンバースの白色はアウトソールの線が赤くなっているが、これは線が黒かった。

定番のラインではないのだろう。

 

いま無印良品やGUで売っているオールスターもどきに近いかんじ。

いろいろカスタマイズして遊んだが、最後は寿命がきてソールが抜けた。

無印良品のコットンキャンバスのローカットスニーカー

いらないからと友人にもらう。

無印良品の定番のスニーカー。

 

なんの変哲もないシンプルな靴。

色はトゥも含めてオールブラック。

 

かかとのソールが原因で引退。

シアタープロダクツの白いレザースニーカー

シアタープロダクツは東京コレクションに発表しているブランド。

ブランド名の通り、劇場のように気分を盛り上げる服を作るというのがコンセプト。


サンプルセールで白のレザースニーカーを購入した。
値段は1万円いったかいかないかくらいだったと記憶している。
内羽根式のやや落ち着いた雰囲気の細身の革のスニーカーで、つま先に軽いメダリオンが入っていた記憶がある。

 

こいつはヨーロッパを歩き回っていたときに寿命がきてソールが抜ける。

軍モノのコットンキャンバスシューズ

白色の安いコットンキャンバスシューズ。

値段は覚えてないが、日本円で2000円はしなかった気がする。

 

シアタープロダクツのレザースニーカーのソールが抜けたので購入した。

こいつもソールが抜けて同じ運命をたどる。

なむ。

Y-3のアルファジータ3

ヨウジヤマモトとアディダスとのコラボブランドの靴。

黒のピンストライプのスーツ生地を使った靴で、つま先やアディダスの3本線にメダリオンで装飾がしてあるスーツにも合わせられるようなフォーマル寄りのスニーカー。

 

写真は全く見当たらない。

名前もアルファジータの後に3が付いたのか曖昧である。

 

今は値段も落ち着いているY-3だがわたしが購入したときはコレクションブランドだっので高かった。

定価4万くらいだったと思うが、セールで2万5千~3万くらいだったかな?

高校生の頃なので、昔すぎて記憶が曖昧である。

寿命というか、かかと部分のソールが加水分解を起こして剥がれてしまった。

DCシューズのグレーのスニーカー

スポーツデポとかのスボーツ洋品店にTシャツとかよく売っているスケボーをする人のスニーカー。
値段は1万5千円くらいかな。
何かのブランドとコラボした靴だったかもしれない。


ちなみにスケボーはオーリーに挑戦してアスファルトにしたたかに尻を打ちつけただけで簡単にあきらめた。

ボリューム感が凄いスニーカーで合わせにくいため靴棚で眠っていたが、何年か後に散歩をするときの靴として復活。

抜群のフィット感を武器に散歩で活躍するが、眠っている間に加水分解が進んでいたのかソールがとれてしまう。

レッドウイングのアイリッシュセッター

またまた知り合いにもらった。

定番の赤茶のブーツである。

結構長く履いて、一度かかとのソールが限界まで削れたので、張り替えた。

その後、2回目のソールの限界がきたときに売却した。

一度ソールを張り替えているので、履き潰した靴としてカウントしている。

コムデギャルソンオムの革靴

ブランド古着の店で1万円くらいで購入。

購入したときにソールの減りはなく、新古品のような商品だった。

ポストマンシューズの丸みのあるプレーントゥの靴。

ガラスレザーのため磨いてないのでやたら光沢があった。

かかとのソールが限界に達して寿命がきた後、そのころ趣味で靴作りをしていたため靴の構造を知るために分解される。

ハンドメイドの革靴

自分で作った革靴。

茶色のシボの入った革を使った外羽式のウイングチップの靴。

つま先のメダリオンをあけすぎて、気持ち悪くなってしまったが、自分が作ったこともあって結構気に入って履いていた。

カカトのソールを何回か張り替えて履いていたが、限界がきたため捨てる。

靴の寿命

吐きつぶした靴は全部で10足だった。
20年間で計算した場合、靴1足で2年もつ計算になる。

 

他にも思い出せなかったり、履き潰さずに捨てたり売却した靴がある。

もし1足を集中して毎日履くと1.5年間ぐらいでダメになるかもしれない。

もっと早いかな?

 

おそらく仕事の種類でも靴の消費量は変わってくる。


仕事がデスクワークの人はほとんどソールが減らない。

反対に外を動き回る仕事をしている営業や、宅配の仕事をしている人などはすぐにソールがダメになるのではないだろうか。

わたしも靴を多く履き潰していたときは、仕事などで頻繁に歩き回るときだった。

長く履いた靴のデザインは?

デザインはコンバースのオールスターのような定番といわれるシンプルな形をした靴が多い。

デザインの変わった靴やハイテク系のスニーカーは履き潰さずに途中で処分していることが多いことがわかる。

  1. スニーカーはローテクの定番を買う。
  2. 革靴はシンプルなプレーントゥの靴を買うと飽きずに、長く使える。

靴を長く履きたいならこの2つを守れば間違いない。

人からもらった靴が多い

あとやたら人から貰った靴が多い。

絶対無理という人もいるだろうが、わたしは人からもらった靴を履くことに抵抗はない。

確かに自分からスニーカーを買った記憶あまりない。

そして悲しいことに自分で選んだ靴は履き潰すことなく処分していることが多い。

自分で靴を選ぶと当時の流行や好みに惑わされてしまい、すぐに飽きてしまう靴を買っているということがわかる。

流行と飽きは2つで1セットなのだから至極当然といえる。

また、多くの友人がわたしにスニーカーをくれたことから、多くの人は履かないで置いてあるだけのいらない靴をたくさん所有しているということがわかる。

終わりに

いかがだったろうか。

みなさんも自分の長く履いた靴、すぐに捨てた靴を振り返ってみるのはどうだろうか。

今度買う靴の参考になるかもしれない。

 

ちなみにわたしは現在のところ、仕事用の革靴、休日のスニーカー、ジムに行くときのスニーカーの3足で生活している。

目的別に履く靴は決まっているので悩む必要は皆無だ。

今後はGUのスニーカーがどれくらいで寿命になるか見ていくことにする。

また進捗があったら報告するよ。