ハンバート友幸の庭

節約、ミニマリスト、買った商品のレビューなどを紹介するブログ

派遣社員が語る派遣を辞めるタイミングと理由

派遣を辞める

こんにちは友幸です。

派遣で働いているけど、もう辞めたいと思っている。

だけど、辞める理由やタイミングを掴みかねている人は結構いると思う。

 

わたしは派遣で働いているが、現在の派遣先での仕事を辞めることにした。

自身の経験から派遣を辞めるタイミングや理由を書いてみるよ。

 

それではいってみよう。

派遣を辞めるときは、派遣の契約が満了した時

派遣を辞めるときは、契約満了の時がベスト。

だいたい3カ月更新が多いので、その区切りごとを狙って派遣を辞めよう。

 

派遣の契約更新をするかの確認はだいたい、契約終了の一カ月前になる。

例えば契約が12月末までなら、11月末ごろに契約更新の確認が入る

このタイミングで更新しない旨を伝えよう。

 

もちろんどうしても辞めたいときは契約更新のタイミング以外でも辞めることはできる。

法律では2週間前に辞めることを伝えれば辞めることができる。

ただ派遣会社は契約で3カ月は人を派遣するという契約を結んでいるので派遣会社に迷惑がかかる。

どうしても耐えられない場合以外は、極力契約更新のタイミングで更新した方がいい。

 

あと辞めるときは、必ず、派遣会社の担当営業に先に伝えよう。

派遣元に先に辞めることを伝える→派遣会社に連絡が入るが、派遣会社は辞めることを把握していない、となると、場が混乱する。

 

職場の親しい社員に先に話しても、派遣先の上司に話が行く可能性があるので辞めておいたほうがいい。

派遣を辞める理由

派遣を辞める理由は色々あるだろうが、派遣先について、ネガティブなことを言うのはあまり良くないのでやめておこう。

 

辞めたい理由が本当は「派遣先の会社の雰囲気が悪い」だとか、「上司がそりが合わない」という理由であっても胸にそっと秘めておき、できるだけポジティブな辞める理由を伝えよう。

 

朝起きるのが、だるいから辞めたいと正直に言うのは素敵だが、人格を疑われるのでおすすめはできない。

 

辞める時のおすすめの理由は「現在とは違う別の職種で働きたい」だ。

派遣は職種ごとの募集になることがほとんどなので、職種を変えたいという理由であれば、無理に引き止められることはない。

 

あと、できるだけ変な嘘はつかないほうがいい。

例えば嘘をついて就職も決まっていないのに「新しい就職先が決まった」と言ってしまった場合、どこに就職が決まったのか聞かれてしまい、グダグダになる可能性もある。

 

わたしの場合は「別の収入があるのでそっちを頑張っていきたい」と伝えた。

一応嘘ではない。

 

契約更新の際に、派遣会社の担当営業の人に辞めることを伝えると「派遣先には何と言っておきましょうか?」と聞かれた。

もし辞める理由がうまく思いつかない場合、担当営業の人に正直に辞める理由を話して派遣先に伝える辞める理由を一緒に考えてもらうのもありだ。

派遣会社の担当営業の人は今まで幾人もの契約終了を伝えてきているので、おかしなことにはならないよ。

 

担当営業から派遣先に辞める旨を伝えることになるので、後は任せよう。

もし派遣先に引き止められたら

わたしの場合辞める旨を派遣会社から伝えてもらったら、その後、派遣先の上司に呼び出されて「もっと早くいって欲しかった。代わりの人を見つけないといけないが1カ月では見つけれられない」と言われた。

 

もしこのように派遣先に引き止められても、気にする必要はない。

 

派遣契約の場合、3カ月毎の契約の場合が多いが、6カ月や1年の契約もある。(派遣会社の担当営業に確認した)

そして、毎回契約の更新確認が行われる。

 

派遣社員が長期で働くことを希望するのであれば、3カ月契約にせず最初から長期契約にすればいいだけの話だ。 

派遣先がいつでも契約をうち切ることができるように3カ月契約にしているくせに、こちらから更新しないというと、困るといわれても完全にお門違いだろう。

 

派遣契約は双方の同意がないと更新されないというのは当たり前の話だ。

 

契約更新の確認を1カ月前に行うのも、派遣会社が「これくらいの期間があれば十分だろう」と判断してのことだろう。

そのあたりの文句をわたしに言われてもしょうがない。

 

気の弱い人はここで押しに負けて継続してしまうかもしれないが、こちらに落ち度は全くないので気にしないでおこう。

 

それに「もっと早く言って欲しかった」と言われても、早めに言ったら辞めるまでの期間気まずくなるだけだ。

「早めに辞める旨を伝えて欲しい」というのは派遣先の都合だが、こちらとしてはできるだけ遅めに伝えたいと考えるのは当然だろう。

 

わたしがいた派遣先は普段から「自分の売りたいものではなく、客のメリットになる商品を提案しよう」と言っていた。

なのに派遣を辞めるときに、こちらのメリットを何も示さずに「会社が困るから辞めないでくれ」でごり押しされてもびっくりするくらい何も響かなかった。

更新することでこちらに何のメリットがあるのか示さないと話にならないでしょ。

 

まぁ結局いつも自分の売りたい商品をごり押ししているだけの会社だったので、いつも通りといえばいつも通りだけどね。

 

あと「もし派遣ではなく社員だったら、急に辞めると言ったら怒っていた」みたいなことも言われたが「たられば」で話しても意味ないよね。

わたしは派遣先の社員じゃないし、その人の部下でもない。

 

3カ月くらい前に伝えて欲しかったらしいが、3カ月ごとの契約更新なのに普通に考えて3カ月前に言うわけないでしょ。

 

こういうふうに派遣の仕組みを理解していないおっさんから訳のわかならいことを言われる場合もあるが、別に気にしないでいい。

 

引き止められて続けてもいいことはないので、さっさと辞めよう。

辞めると決めたら辞めよう

派遣の最大のメリットは契約期間が短いので辞めたいタイミングでやめることができる点にある。

 

本当は法律では正社員でも2週間前に辞めることを伝えれば辞めることもできるのだが、実際はそうはいかない場合がほとんどだ。

わたしの友人は辞めることを伝えてから1年くらい人手不足のため、継続して働いていた。

かわいそうに。

 

派遣は契約更新のタイミングで辞めるのであれば何の問題もない。

派遣先に何か言われても完全にお門違いなので気にしないでおこう。

困るなら最初から、長期契約をするか、社員を雇えばいいだけ。

 

契約が終わる時は派遣先、派遣社員どちらかが契約更新をしないと決めた場合だ。

派遣先が契約更新しない、派遣社員が契約更新しない、どちらの場合も、最終的にはお互いの利害は一致しなくなる。

利害が一致しないなら、自分の利益を優先したほうがいい。 

 

引き延ばしても結果は変わらない。

自分が派遣を辞めると決めたら、気にせず辞めたほうがいいよ。

おすすめの派遣会社

最後に次の仕事を探すのにおすすめの派遣会社を紹介するよ。

それはパーソルテクノロジースタッフだ。

 

ここは「インテリジェンス」と「テンプスタッフテクノロジー」大手2社が統合した会社だ。

 

わたしが派遣で働いていたとき「インテリジェンス」から派遣されていた人にこっそりと給料を聞いたら、わたしより200円時給が高かったことがある。

 

仕事内容は全く同じなのにだよ?

8時間×20日=160時間と考えてもそれだけで月3万円も給料が違ってくる。

 

IT系の仕事を中心に紹介してるので、IT系の派遣をするなら絶対に登録しておいた方がいい派遣会社だ。

Webだけで簡単に登録することができるよ。

 

IT以外の派遣の仕事を探すのであれリクルートスタッフィングを使おう。

大手の派遣会社で給料も高め。

わたしも利用していたおすすめの派遣会社だ。