読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバート友幸の庭

貯金1000万円でセミリタイア中のミニマリストワナビー。月5万4000円で節約生活中。

無印良品のトレーを使ってみた! コンパクトで安定感のある代物だよ!

こんにちは友幸です。


以前にブログで公開した愛用している100均一の木目調のトレーの端がひび割れてかけてしまった。

f:id:tomoyukitomoyuki:20160516123313j:plain

新しく買い替えようと思って、ダイソーやセリアなどの100均の店に行ってみたが、同じトレーは販売していないようで見つけられなかった。

 

仕方ないので、しばらくそのまま使っていたが、先日、無印週間があったので、無印良品の木製のトレーを新しく購入したよ。

無印良品のトレイ

購入したのは、無印良品のトレータモ。

f:id:tomoyukitomoyuki:20160516122832j:plain

値段は850円(税込)だった。

無印は税込み価格で切りのいい価格になっているのでわかりやすい。


無印週間に購入したので定価から更に10%OFFとなり、765円で購入したよ。

無印のポイントがあったのでそのポイントを利用して購入した。


厳密に言うと、トレーを購入しようとしてポイントを使用したのではなく、ポイントの期限が迫っていたので、トレーを購入したというかたちである。

無印のトレーのディテール

無印良品のトレーのサイズは32cm×24cm

3種類サイズがあり、真ん中のサイズを選んだ。

 

100均のトレイに比べると横幅がやや短くなっている。

重ねてみるとこんな感じ。

f:id:tomoyukitomoyuki:20160516123821j:plain

小さくなったが、サイズ感は特に気にならなかった。

100均のトレイに比べて、薄い色味になっている。

 

素材は

  • 表面:タモ突板
  • 芯材:ポプラ材

となっている。

f:id:tomoyukitomoyuki:20160516124306j:plain

突板は薄くスライスした板材。

表面はタモ材の木目がでるように突板を貼り、中はポプラが使われているようだ。

側面を見てみると、貼り合わせてあるのがわかる。

 

写真ではわかりにくいが、ポプラの方が、色が薄くなっているよ。

f:id:tomoyukitomoyuki:20160516124621j:plain

100均のトレーに比べて、トレー全体に厚みがあり安定感がある。

木目もきれいなので満足である。

 

無印良品では他にも、木枠で囲んであるトレイも売っていた。

アマゾンで売っているやつで言うとこんな感じ。

そっちの方が値段が高かったので、わたしは安いほうのトレータモを購入したよ。

 

amazonで売られているカントリー調のトレーも安かったので、それでもよかったが、1人暮らしではサイズが少し大きかった。

大き目のトレーを探している人はこれで十分だろう。

まとめ

  • 無印良品のトレーのサイズは3種類あり、他の種類のトレーもある。
  • 無印のトレータモのタモ材は表面だけで中はポプラ材が使われている。
  • 無印のポイントがなければamazonで売っているトレイを買っていたかも

木製のトレーなので、油を塗ったほうがいいような気がする。

余っている、オイルがあった気がするので塗ってみることにするよ。