読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバート友幸の庭

貯金1000万円でセミリタイア中のミニマリストワナビー。月5万4000円で節約生活中。

無印良品のタイツを買ってみた!ぬくもりインナーのロングタイツをレビュー!

商品レビュー

こんにちは友幸です。

 

冬真っ盛りの12月。

エルニーニョの力のおかげで暖冬とはいえ、冬は冬。

寒気が入ってきて気温もぐっと下がり、寒くなってきた。

 

小学校の頃は何故か半袖短パンでいつまで耐えられるか挑戦したものだが、大人になるとそんな根性はない。

あの情熱はどこに行ったのか。

これが大人になるということなのか。

 

郷愁に想いを馳せながらも、現実的な案として温かいインナーを買おうと思い、無印良品のタイツを買ってみたよ。

 無印のタイツ

無印良品のタイツ

購入したのは無印良品のロングタイツ。

無印のあったかインナーと呼ばれる商品になる。

定価1500円(税込)

期限が迫っているMUJIポイントがあったので、ポイントを使って購入したよ。

 

無印良品の商品は全部、切りのいい税込み価格だからポイントが使いやすくていいよね。

 

色は黒である。

白いパンツを履いたときに黒だと目立ったりするのかもしれないが、白パンツを持っていないので問題ない。

無印のぬくもりインナー

無印良品のタイツ

ユニクロのヒートテックを筆頭に、イトーヨーカドーなどの量販店など、各社が販売している「あったかインナー」

この無印のタイツもその仲間になる。

無印のあったかインナーの名称は「ぬくもりインナー」

無印っぽいチョイスの名称である。

 

タグのところに「ぬくもり」という記載があるよくわからない仕様となっている。

仕組み自体は以前に紹介したヒートテックと基本的に同じようだ。

レーヨンで水蒸気を吸収して、水蒸気が水分に変わるときの熱を利用している。

生地の混率は、

  • 綿80%
  • レーヨン15%
  • ポリウレタン5%

となっている。

昔のヒートテックに近い混率である。

タイツと股引の違い

無印良品のタイツ

 タイツという、ていのいい言葉を使っているが、ようは「股引」である。

と思っていたら、「股引」とタイツは違うようだ。

股引(ももひき)は日本の伝統的ボトムスであり、下着としても使われた。腰から踝まで、やや密着して覆う形のズボン型。腰の部分は紐で締めるようになっている。安土桃山時代にポルトガルから伝わったカルサオ(カルサンとも)と呼ばれる衣服が原形とされる。

 狭義の「股引」はどうやら腰の部分で紐がついている。

また「やや密着して覆う形」らしい。

祭せん 股引 [藍調] S

タイツはぴったりしているから、そういう意味では股引ではないといえる。

 

しかしAmazonで股引で検索すると、タイツがヒットする。

広い意味では股引=タイツと言える。

無印のタイツを履いていた感想

いままでタイツなるものを履いたことがなかったので、履いてみて上にズボンを履くと結構かさばるイメージがある。

実際のところはそんなに厚い生地ではないのだが、何もない状態と比べるとどうしても厚みを感じてしまう。

まぁ慣れていくうちに気にならなくなるものだと思う。

 

スキニージーンズなどのぴったりしたパンツを履く場合はタイツと、靴下が重なる部分が、もこっと膨れたりしないのだろうかと思っている。

細いパンツの時は履いたり脱いだりするときに少し苦労しそうだね。

 

しかしタイツがあるとやはり防寒性、保温性が高くなるので、温かい。

上着ほど、あったかインナーの恩恵を感じにくいが、下半身を温めると体全体が温まるみたいだし、結構いいんじゃないかな。

 

他のあったかインナーはもっていないので、比べようがないが、結構よさそうだよ。

まとめ

最初はユニクロのヒートテックタイツを買おうかと思っていたのだが、MUJIポイントがあったので、マイナーな無印良品のあったかインナーを買ってみたよ。

無印良品では他にもウール混のインナーもあった。

 

ウールが混じっていると暖かそうだが、ウール混はタイツが見当たらなかったので、今回はスルーしてぬくもりインナーロングタイツの方を買ってみた。

 

タイツは初体験アイテムだったので、30にして、少し新鮮な気持ちになった。

似たような商品のマイナーアップデートではなく、全く使ったことのない商品を買うほうが、胸躍るね。

 

関連記事