読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバート友幸の庭

貯金1000万円でセミリタイア中のミニマリストワナビー。月5万4000円で節約生活中。

節約したいけど家計簿は面倒くさいひとは「マネーフォワード」を導入するべし。最高の家計簿管理アプリ

ソフトウェア 節約家計簿

並べられたお金

こんにちは友幸です。

 

わたしは家計簿の管理マネーフォワードを使っている。

家計簿の公開の時も、いつもこの無料アプリを使用している。

マネーフォワードを使い始めてから、具体的な月の支出を把握できるようになり、お金を貯める意識が高まった。

絶対おすすめなマネーフォワードのメリット、デメリットを紹介する。

それではいってみよう。

マネーフォワードとは?

マネーフォワードは、クラウドで管理する全自動型家計簿アプリ。

銀行やクレジットカードの情報を登録すると、入出金の履歴を銀行などから取り出して、自動で記録してくれる。

銀行、証券口座、FX口座、ポイントなど様々なサービスに対応している。

一括管理が手間なく可能になるので便利。

マネーフォワードのメリット

自動で記帳される

銀行の入出金を自動で登録してくれるので、手打ちで記帳しなくて済む。
 
例えば、ATMから3000円引き出して財布に入れるとしたら、銀行から財布へ振替処理がおこなわれる。
 
銀行から2000円電気代が引き落とされると、支出2000円として処理される。
支出の項目を変更しても一度項目が登録しておけば(この場合は光熱費)、翌月に同じ支出が合った場合、同じ項目から引き落としされるので手間がかからない。

ボイントも確認できる。

nanacoやTポイントも自動で集計されるので、ポイントの把握がしやすい。
amazonや楽天市場、ASKULなどの大手ネットショップも利用した際も支出が自動で処理されるので、よく利用するサービスは登録しておくとわかりやすい。

 マネーフォワードのデメリット

セキュリティは大丈夫か

これはどのクラウド管理サービスにも言えることだが、セキュリティが心配。
不正なログインがあった場合、個人の資産情報が一気に知られてしまう。
 
Truste(トラストイー)マークという、yahooや集英社が取得している日本プライバシー認証機構の認証を取得したり、異なる環境からのアクセスを二段階認証して不正ログインの対策をしているが、セキュリティとそれを突破しようとする攻防はイタチごっこな面があるためどうなるかわからない。
 
とりあえず今のところ問題はない。
 そのような事態になったら、運営会社は終わるのでしっかりと対策はしていると思われる。

クレジットカードの反映が遅い

クレジットカードで購入した場合、クレジットカード会社の購入履歴を確認してマネーフォワードに反映しているため、登録までにタイムラグがある。
そのためクレジットカードで使用した金額を把握しづらい。
 
仕方ないので、わたしはクレジットカードを使用した際は、スマホで金額を手入力している。

手入力に関してはレジに並んでいたり暇な時にスマホでアプリを使って入力すれば楽ちん。

まとめ

節約するには、まず自分が今どれくらいのお金があれば生活できるのか把握することが大事。

 

お金の流れを把握するために家計簿をつけようとしたが、長続きせずめんどくさくなって挫折した人も多いと思う。

わたしもそんな一人だ。
 
そんなスボラな人にも継続できる仕組みを提供するのがマネーフォワードである。
仕組みがしっかりできていれば、節約は案外簡単に継続できる、
マネーフォワードは節約を促してくれる最高の無料アプリ。
 
使ってない方はぜひ一度試してみてほしい。
関連記事