読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバート友幸の庭

貯金1000万円でセミリタイア中のミニマリストワナビー。月5万4000円で節約生活中。

ミニマリストの持ち物公開!H&Mのジャケット

ミニマリスト ミニマリスト-ファッション

H&Mのグレーのウールジャケット

こんにちは友幸です。

 

最近ジャケットを購入したので紹介するよ。

購入したのはH&Mのグレーのウールジャケット。

トレジャーファクトリ―というリサイクルショップで2000円くらいで売られていた。

トレジャーファクトリ―のポイントがたまっていたので、この機会にすべて使用して1000円くらいの値段で購入した。

 

ここ数年、カジュアルな服をずっと着ていたのでスーツ以外でテーラードジャケットは持っていなかった。

 

久々にテーラードジャケットを購入したことになる。

しかもグレーのジャケットは初めてなので新鮮。

H&Mのウールテーラードジャケット

サイズは44。

H&Mの最小サイズのようだがわたしが着てちょうどいいくらいのサイズなのでそこまで小さくはない。

海外発のファストファッションはサイズが大きいことが多いのでこんなものだろう。

 

生地は

  • 毛 70%
  • ナイロン 30%

になる。

おそらく防水効果のために生地にナイロンを混ぜているのだろう。

毛100%だと値段も上がるだろうしね。

H&Mのグレーのウールジャケット

シルエットはスリムフィット。

そのためアメリカンなボックスシルエットのジャケットよりもウエストの絞りがやや強い。

しかしそこまで極端なシェイプではない。

H&Mのグレーのウールジャケット

ディテールはポケットがブレザーのようにパッチポケットになっている。

そのためジャケットでもややカジュアル寄りのスポーティーな印象になるのかな。

 

パッチポケットは嫌いじゃないので別に構わないが、ミニマリストとしてデザインもミニマムにしたい人は、玉縁ポケットなどのスーツのジャケットみたいなデザインがいいのかもしれない。

テーラードジャケットを購入した理由

テーラードジャケットを購入したのにはいくつか理由がある。

 

わたしはミニマリストを目指しているので、服の数を減らしたいと考えている。

そこで一番汎用性の高い洋服を選択する必要がある。

そこで一番使い勝手がよさそうなのが、テーラードジャケットだったわけである。

カジュアルなブルゾンよりもフォーマル寄りのテーラードジャケットのほうが、どこで着ても「無難」でおかしなことにはならないだろう。

そしてある程度しっかりした印象を相手に与えるだろうと考えた。

チェスターコートやステンカラーコートなども候補に考えたが、わたしは自転車に乗って移動するので、着丈が長いと邪魔になる。

そんな中うまいこと良さそうなジャケットを売っていたので、テーラードジャケットに落ち着いたわけだ。

 

ファッションのトレンドもコンサバ化しているしね。

もう30歳を超えてるから、ある程度落ち着いた服装に魅かれたというのもある。

テーラードジャケットの合わせ方

過去にリサイクルショップで購入したスラックスと、GUのスリッポンを組み合わせることになりそう。

インナーはユニクロのシャツを着てもいいが、それだとフォーマル寄りすぎる気がする。

黒のニットを合わせるのが無難かな。

持ってないけど。

 

節約と並行しながらなのでなかなか新しいアイテムが増えないが、地味に服装を入れ替えていくことにするよ。

まとめ

恐らく定価で購入すると9千円~1万円くらいの商品なのでお得な買い物であったといえそう。

ファストファッションブランドの服はすぐにダメになるとよくいわれる。

たしかに縫製は日本のブランドの方がきれいだし生地もあまりいいものは使っていないだろう。

しかしアイテムによっては長く使えるものもある。

カットソーなどの製品はすぐに首元がよれてダメになりそうなイメージがあるが、シャツやアウターはしっかりとメンテナンスすればそこそこ持つんじゃないだろうか。

 

そもそもダメになるまでファストファッションの服を着る人って少なくて、大抵飽きて手放してしまうことのほうが多いんじゃない?

勢いで買って、飽きて捨てるみたいな。

 

ファストファッション云々の一般論じゃなくて、長期的な視野で考えてアイテムを選んでいくことが大事だよ。

 

そういってすぐに手放すかもしれないけどね!

 

関連記事