ハンバート友幸の庭

節約、ミニマリスト、買った商品のレビューなどを紹介するブログ

マクドナルドの「ヤッキー」を食す! 200円のお手ごろマックだよ!

こんにちは友幸です。

 

マクドナルドには「お手ごろマック」と呼ばれる200円バーガーがある。

 

お手ごろマックには3種類だったのだが、2月に新しくメニューが追加された。

その名もしょうが焼きバーガー通称(公称?)「ヤッキー」。

 

今回はヤッキーを食べたのでレビューをするよ。

マクドナルドの生姜焼きバーガー「ヤッキー」を注文する

ヤッキーは2月に発売されているので、マクドナルドのラインナップに追加されて結構日が経つ。

 

だけど、気になっていたけど注文したことがなかった。

ジューシーなポークパティと、「しょうが焼き」をイメージしたコクのある醤油味の和風ソースが絶妙な味わいのバーガー。

マクドナルド公式サイトより

 

いつも100円マックのチキンクリスプを頼んじゃうんだよね。

 

今回満を持して200円払い注文してみたよ。

 

包装紙は紫色。

包装紙にも、ヤッキーと書かれている。

マクドナルドの「ヤッキー」

他にも英語で「ジンジャーポーク」と書かれている。

 

必ずしも、しょうが焼き=豚肉なわけではないけど、まぁ、大体豚肉だよね。

デファクトスタンダード。

 

ヤッキーを開けてみる。

マクドナルドの「ヤッキー」

具はレタスとパティ。

 

パティは豚肉を使用したポークパティになっている。

バンズとレタスの間にしょうが焼きのタレがかけられている。

 

いたってシンプルな作りだね。

ヤッキーの味

マクドナルドの「ヤッキー」

注文したヤッキーを早速食べてみる。

 

味は、予想通りというかそりゃそうだよねという感じで生姜焼きの味。

 

全体の味付けが和風なので、てりやきバーガーに近い。

てりやきバーガーのパティも豚肉を使ったポークパティだから同じだしね。

 

ヤッキ―の味はてりやきバーガーにしょうがの味をプラスして、マヨネーズを抜いた感じ。

 

 

マヨネーズがない分まろやかさが無くなっているので、てりやきバーガーに比べて、甘みが抑えられている。

ただし、ヤッキーもそれなりに甘い。

 

あと、食べた後にほのかに辛みがある。

赤いものがぽつぽつ見えたので、どうやら一味唐辛子が入っているようだ。

 

ヤッキーの方が、てりやきバーガーよりも120円安い。

てりやきバーガーが好きな人には悪くない選択だと思う。

ヤッキーのカロリー

ヤッキ―のカロリーは401キロカロリー。

 

ハンバーガーが260キロカロリーなので、単品にしてはカロリーは高め。

ポークパティを使っていると脂肪が多くなるので、カロリーが高めになるんだろうね。

 

マクドナルドに以前あった100円マックのマックポークも同じくらいのカロリーだった。

 

同じポークパティを使っているてりやきバーガーは496キロカロリー。

ヤッキーの方が約100キロカロリー少ない。

 

てりやきバーガーをヤッキーに置き換えるすると、価格を120円、カロリーを100キロカロリー抑えることができる。

 

ダイエットと節約をしたい人は、てりやきバーガーをヤッキーに替えてみるといいよ!

ダイエットしたい人は、どっちも食べないだろうけどね!

まとめ

ヤッキーはしょうゆベースの甘辛い味の和風バーガー。

後味ちょっぴり辛みがある。

しょうがの味が苦手でなければ、てりやきバーガーが好きな人にはオススメできるよ。

 

わたしは、ヤッキーを200円払って頼むなら100円のチキンクリスプを頼むかな。

安いし。

 

みんなもマクドナルドに行ったら食べてみてね。