ハンバート友幸の庭

節約、ミニマリスト、買った商品のレビューなどを紹介するブログ

iPod(アイポッド)が同期できない場合の対処方法を紹介!

こんにちは友幸です。

 

わたしはいまだに何年も前に購入したiPod classicを現役で使用している。

80GほどしかないのでiTunesの全ての曲を入れることはできないが、Podcastや音楽を聴くのに重宝している。

 

しかし、最近iPodがiTunesと同期できなくなった。

このままでは曲を追加することができない。

 

今まで起こらなかった現象だったので、解決するのに時間がかかったが、結果的に復旧することができた。

対処方法を紹介するよ。

不明なエラー(-53)が発生したためiPodに曲がコピーできなくなる

iPodに曲を追加しようとすると、不明なエラー(-53)が発生して、iPodに曲をコピーできなくなった。

同期中にフリーズしてしまい、同期が進まなくなる。

f:id:tomoyukitomoyuki:20160528105523p:plain

アップルのページを確認すると、

エラー 53 について

iOS デバイスを Mac または Windows パソコンの iTunes でアップデートまたは復元しようとした後、iTunes にエラー 53 が表示され、デバイスには「iTunes に接続」画面が表示される場合があります。

エラー 53 は、デバイスがセキュリティテストに合格しなかった場合に表示されます。このテストは、工場出荷前に Touch ID が正常に機能するかどうかを調べるためのもので、お客様への影響を想定したものではありません。

エラー 53 が表示された場合の対策として、Apple では iOS 9.3 へのアップデートをリリースしています。このアップデートを適用すれば、Mac または Windows パソコンの iTunes でデバイスを正常に復元していただけます。

と記載してある。

IPodなのでIOSではないが、対処方法として

  • itunesを最新のヴァージョンにアップデートする
  • ipodを最新のヴァージョンにアップデートする
  • iPodを再起動する

を試してみた。

しかし状況は変わらなかった。

 

そこで一度iPodを復元することにした。

iPodを復元する

iPodを復元する方法はiTunesのiPodのページから簡単にできる。

iTunesにiPodを接続し、表示されたステータス画面にある「iPodを復元」をクリックする。

f:id:tomoyukitomoyuki:20160528111201p:plain

これでiPodを復元、初期化することができる。

これで大体の症状は直るよ。

「iPod○○を同期できません。重複したファイル名が指定されました」

iPodを復元した後、音楽を追加することができるようになった。

しかししばらくすると別のエラーが発生し、曲を追加できなくなった。

f:id:tomoyukitomoyuki:20160528105408p:plain

「iPod○○を同期できません。重複したファイル名が指定されました」と表示されている。

「iPod○○を同期できません。重複したファイル名が指定されました」の対処方法

「iPod○○を同期できません。重複したファイル名が指定されました」表示された人は下記の通りの手順を行うことで復旧できた。

 

「コンピュータ」画面に表示されているiPodデバイスを右クリックし「プロパティ」を開く。

「ツール」→エラーチェックタブの「チェック」をクリック。

「ドライブのスキャンと修復」を実行する。

f:id:tomoyukitomoyuki:20160528111911p:plain

これで「iPod○○を同期できません。重複したファイル名が指定されました」と表示されることもなく、iPodを同期できるようになったよ。

解決。

まとめ

今まで、古いPCでiTunesを使用していたのでアップデートもしていなかったので、問題も起こらなかった。

今回の出来事はiTunesを新しいHDDに移行してから発生した出来事。


移行などする際は何かしらのトラブルが発生するというのを身に沁みて実感した。

 

iPodが同期できない人は試してみてね。

 

関連記事