読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバート友幸の庭

貯金1000万円でセミリタイア中のミニマリストワナビー。月5万4000円で節約生活中。

iPhoneを解約した後に、できることとできないことを紹介!

お金の節約 ソフトウェア

iPhoneを解約

こんにちは友幸です。

 

わたしは、ソフトバンクで契約したiPhoneを解約した後、そのままiPhoneを利用して2年くらいたつ。

今回はキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の契約を解約したiPhoneでできることを紹介するよ。

解約したiPhoneを利用する場合、Wifiが必須

解約したiPhoneでインターネットを利用するためには、Wifi環境が必要になる。

スマホは基本的にインターネット接続がないと機能が大幅に制限されるので、解約したiPhoneを利用する場合は、必ずWifiを利用しよう。

 

おすすめは、WiMAXのGMOとくとくBB。 

キャッシュバックが他社よりも高いので、結果として一か月あたりの通信費を抑えることができる。

ギガ放題コースを使えば、使用量の制限もない。

3日間の使用量が3Gを超えると速度制限がかかるが、動画が問題なく見れる帯域の太さなので、実質速度制限はないようなものだと考えていいよ。

 

解約したiPhoneをあまり利用せず、サブとして使う場合は、Wifiスポットを利用したり、自宅に無線LANルータを置いてインターネット接続するっていう方法もあるよ。

解約したiPhoneでもSIMカードは必要

解約したiPhoneには、Wifi環境のほかにもSIMカードが必要になる。

SIMカードは、iPhoneの側面に刺さっている、ペラペラのカード。 

加入者を特定するためのID番号が記録されているICカード。

ようは、SIMカードは、誰が使っているかキャリアが判断するためのもの。

 

識別するだけなら解約した後は必要ないんだけど、SIMカードはIOSのヴァージョンアップデートに必要になる。

SIMカードがないとIOSのヴァージョンアップデートができなくなる可能性があるので、必ず手元に置いておこう。

 

SIMカードは契約解約の時にショップに行ったときに、回収される可能性がある。

元々キャリアが提供しているものだからね。

ただSIMカードがないとこちらが困る。

もし回収されそうになったら「iPhoneを引き続きWifiで利用したい」という旨を伝えて、SIMカードを回収されないようにしよう。

わたしは解約した際に、何も言わなくてもSIMカードは回収されなかった。

 

もし仮にSIMカードが回収されてしまった場合、アクティベートSIMカードというアップデートするための安いSIMカードが売っているのでそちらを購入すればいいよ。

値段もめっちゃ安い。

SIMカードの取り出し方については、側面の穴にピンを挿せば、飛だしてくる。

わからない場合、iPhoneを分解した時の記事を参考にしてね。

解約したiPhoneでできること

解約したiPhoneでは、

  • IP電話
  • フリーメールを利用したメール
  • 各種アプリ

を利用することができる。

 

解約したiPhoneでもほとんどの機能は問題なく利用できるよ。

また、いくつか利用できなくなることがあるよ。

解約したiPhoneでできないこと

iPhoneを解約するとできなくなることは大きく3つある。

  • キャリアから取得した電話番号での通話
  • キャリアのEメールアドレスの使用
  • SMSの使用

iPhoneを解約した時点で、今まで利用していた電話番号は利用できなくなる。

また、Eメールアドレスもキャリアから提供されていたメールアドレスは使用できなくなる。

また、キャリアの電話番号がないため、電話番号を利用してメールを送るSMSを利用することができなくなるよ。

 

これはキャリアの契約を解約するのだから、仕方ないかな。

解約したiPhoneでもIP電話は可能

iPhoneを解約した場合、090、080から始まる電話番号は利用できなくなる。

しかし、アプリを利用したIP電話は利用することができるよ。

 

IP電話はインターネットを利用した電話のこと。

IP電話を利用すると、050から始まる電話番号を利用することができるよ。

 

音声をパケット化するのでインターネットが接続されている必要がある。

あと電話回線のように、回線が独立しているわけではないので、通話品質は電話回線に比べると良くはない。

 

でも安い。

 

アプリ自体無料のものが多く、基本料金も無料。

 

通話した分だけ通話料が後からクレジットカードで引き落としされる。

通話料自体も、キャリアの通話料金よりも安い。

 

IP電話のアプリは色々あるが、わたしはアプリ、スマートトークを利用している。

SMARTalk(公式アプリ) | FUSION IP-Phone SMART

 

無料でインストールで着て、通話料は30秒8円。

キャリアの通話料は30秒で20円程度なので半額以下の価格で利用できるよ。

 

通話に関しては、他にもLineの無料通話などを利用する手もあるよ。

解約したiPhoneではフリーメールを利用しよう

iPhoneはキャリアのEメールアドレスを利用している場合、解約すると使えなくなる。

GmaillやHotmailなどのフリーメールを取得して、事前に新しいアドレスを友人に通知しよう。

 

iPhoneやスマホは、MNPで契約の縛りがなくなる2年ごとにキャリアを変更することが多い。

キャリアが変わるたびにメールアドレスを変更するのは面倒なので、最初からフリーメールを利用することをおすすめするよ。

解約したiPhoneはSMSを利用できない

iPhoneを解約して利用できなくなる機能で一番大きいSMSの利用ができなくなること。

キャリアの電話番号がないため、SMSを利用することができない。

 

SMS自体はあまり利用する機会はないが、一部のアプリでは認証の際に本人確認のためSMSを利用する場合がある。

多くの場合、SMS認証以外の方法もあるため問題ないが、SMSが利用できなくなることは覚えておこう。

解約したiPhoneでLINEする注意点 

解約したiPhoneでLINEを利用する場合、注意点がある。

 

それは、LINEは複数のiPhone、スマホでアカウントを共有できないということ(PCとスマホの共有はできる)。

iPhoneを解約して、新しい端末にLINEの引継ぎをした場合、解約したiPhoneでは同じアカウントを使うことはできない。

 

わたしのように解約したiPhoneをそのまま利用しているのであれば問題ない。

ただし、新しい端末に移行して、なおかつ解約したiPhoneを利用する場合は、解約したiPhoneは別のアカウントを取得する必要があるよ。

 

また、解約したiPhonedで新しいLINEアカウントを作成する場合、SMS認証ができないため、Facebook認証を行う必要がある。

そのため、LINEを取得する前にFacebookアカウントを作成する必要があるよ。

 

ただ、新しい端末にLINEを移行した場合、解約したiPhoneはメインの端末とは違う使い道をする(音楽プレーヤー、ゲーム専用機として、家族が利用するなど)はずなので、二つの端末にLINEアカウントが必要かというとあまり気にならない。

今まで、一つの端末で使ってたわけだしね。

 

解約したiPhoneを今までどおりメイン端末として使い、LINEを利用するのであれば、何の問題もなく利用することができるよ。

まとめ

解約したiPhoneに必要なものは2点。

  • SIMカード
  • Wifi環境

インターネットに接続さえできれば、アプリの利用や更新などもできるから、なんとかなる。

iPhoneを解約しても、ほとんどの機能は問題なく利用することができるよ。

 

以下の3点が解約すると利用できなくなる。

  • キャリアの電話番号
  • キャリアのメールアドレス
  • SMS

電話番号とメールアドレスは代替手段があるのであまり気にしなくても大丈夫。

唯一問題となるのは、SMS認証の部分くらいだろうけど、最悪、家族や知人のSMSに送って認証してもらえばいい。

 

iPhoneを解約すると、通信費が、インターネットに接続するためのWifi料金+通話料だけになる。

WifiはPCやkindleにも利用しているので、トータルの通信費をかなり抑えることができる。

WifiはGMOとくとくBBがおすすめ。

 

固定費を抑えたい人は検討してみてよいいかもしれないよ。