ハンバート友幸の庭

節約、ミニマリスト、買った商品のレビューなどを紹介するブログ

アイフォンの充電ケーブルが壊れた!そんな時どう対策するべきか?

こんにちは友幸です。

 

わたしは現在、アイフォンを使用している。

初めてのスマホで使い勝手もよく、不満な点は今のところあまりない。

 

本体に関しては。

 

というのも付属しているアイフォンの充電ケーブル(Lightningケーブル)に関しては不満たらたらだからである。

アイフォンの充電ケーブルは

  • 値段が高い
  • 断線しやすい

という何かの陰謀であるかのような仕様になっている。

昔、電化製品には壊れるタイマーがついているという風評があったが、同じような体たらくである。

そんなアイフォンの充電ケーブルの対策を考えてみた。

アイフォンの充電ケーブルの弱いところ

アイフォンのケーブルのダメになるところは大体決まっている。

アイフォンに差し込むコネクタ部分とケーブルをつなぐ部分である。

そこに負荷がかかるとすぐに断線してしまう。

 

それならば、その部分を補強して負荷がかからないようにすればいいわけだ。

カバーのようなものをコネクタの付け根部分に装着することで、断線を防ぐことが可能になる。

ライフハック的な方法としてボールペンのバネをそこに入れるという方法があるらしい。

他にもテープでぐるぐる巻きにする方法がある。

 

見た目は悪いかもしれないが、背に腹は代えられないという人にはお勧めする。

 

100均のダイソーでアイフォンの充電ケーブルを売っている

なぜアイフォンの充電ケーブルを買い替えるのを嫌がるのかというと、値段が高いからである。

しかも日用品、消耗品としての買い物なので、気分が盛り上がらない。

買わないと仕方ないから買うという消極的な買い物である。

Amazonで「携帯電話・スマートフォン用USB充電・データ転送」カテゴリでベストセラー1位のAnkerのライトニングケーブルは1000円ぐらいする。

純正品よりは安いが正直ケーブルに1000円も出したくない。

 

そんな悩みを解決してくれたのが、100均のダイソーで108円で売られているライトニングケーブルである。

100均のダイソーの充電ケーブルの注意点

アイフォンの充電ケーブル(Lightningケーブル)

108円で充電ケーブルを買えるとはいい時代になったものだ。

そう思う人もいるだろう。

私もそう思う。

しかし100均のライトニングケーブルには注意点がいくつかある。

 

まず、コネクタの片面にしか電極がないため、表裏の向きがあるということ。

反対側で挿しても充電しないので注意。

わたしは友達にアイフォンの電池がないから充電ケーブル貸して言われて、充電ケーブルを渡したら、いつまでたっても充電できないと言われたことがある。

表面には文字が書いてあるので、そっちをアイフォンの表に見えるようにして差し込もう。

アイフォンの充電ケーブル(Lightningケーブル)

見にくいが「UPSIDE」と刻まれている。

 

また、このケーブルは充電の機能しか備えていない。

データ転送はできないので注意。

パソコンに充電ケーブルをつないでアイフォンのバックアップを取っている人は、アイクラウドと同期するなど、別の方法でバックアップを取る必要がある。

 

またわたしは体験したことはないが、IOSがアップデートされた際にアイフォンがコネクタを認識しなくなる可能性がある。

そうなったら、新しい充電ケーブルが必要になる。

 

あとは純正以外の充電ケーブルはアイフォンがコネクタを認識しない可能性がある。

これはアマゾンのレビューをみればわかるが、100均に限らずどの充電ケーブルでも同じことが起こる可能性があるようだ。

わたしの場合、たまにコネクタを認識しないと表示されることがあるが、充電はされるので無視している。

しかし108円でアイフォンの充電ケーブルを買えるのは魅力的

色々注意点を上げたが、108円で購入することができるので、うまく接続できなかったり、断線してもダメージは少ない。

またすぐに買い足せばいい。

 

通常のケーブルの他に、スマホのケーブルに使える変換ケーブルも売っている。

216円で巻き取り式の充電ケーブルも売っていた。

値段は高いが、より断線しにくい作りになっているようだ。

 

全国のダイソーで販売されているが、わたしが東京で探した時はどこに行っても見つからず、同僚にもらったことがある。

場所によっては売っていないのかもしれない。

 

またセリアなど別の100均で見かけたこともない。

ダイソーの商品を仕入れている店にはおいてあるようだ。

大阪のダイソーではだいたい売ってるよ。

まとめ

わたしは「アイフォンの充電ケーブル弱すぎ」問題の1つの答えとして、100均でアイフォンの充電ケーブルを買い足していくのをおすすめする。

 

「裏表があるのがめんどくさい」とか「データ転送できないといやだ」という人は、純正の充電ケーブルを買って大事に使うか、コネクタの根元を補強して使うのがいいだろう。