読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバート友幸の庭

貯金1000万円でセミリタイア中のミニマリストワナビー。月5万4000円で節約生活中。

衝動買いをしないためのルールを決めて無駄使いを抑えよう!

お金の節約

こんにちは友幸です。

 

節約生活を送る上で、気をつけたいのが無駄な出費である。

無駄な出費を減らすだけで、お金を貯めることができる。

 

漫然と毎日積み重なっていく、コーヒー代などの無駄な出費もあるが、むくむくと物欲が湧きあがり、突発的に購入してしまう衝動買いも困りもの。

 

衝動買いは金額が大きいものを買ってしまいやすくいうえに、何となく飛びついて買ってしまったため、よく考えたら必要なかったりというような無駄な浪費につながりやすい。

というわけ衝動買いを抑える方法を紹介するよ。

お金があるから衝動買いが起こる

当たり前の話だが衝動買いが起こるのは、自由に使うことのできるお金があるためである。

お金がないとそのものを購入するという考えに至らない。

平均的な所得の人間は車を買う際にランボルギーニを購入の選択肢に入れないのと同じである。

 

わたしは毎月の生活費を決めて残りをすべて貯金にまわしている生活を送っているが、その場合、生活費をオーバーするアイテムは選択肢には入らない。

もしくは同じような機能を持つ代替品を探すことにしている。

 

しかし、今月は目標金額の貯金が貯まったので、月30万円貯金して残ったお金は使ってもいいという緩い節約ルールに変更してみた。

すると今までの生活に加えて、何万円かは自由に使えるお金ができた。

結果、一気に商品の選択肢が増えたため衝動買いが起こりやすい状況になった。

 

選択肢が増えること自体は問題ない。

選択肢の多様性は重要だと思う。

 

問題は結果として物欲が湧きあがり、衝動買いをしやすい状況になっているということだ。

そして、本当にその商品を欲しいのか、それともただお金を使いたいためにその商品を欲しくなっているのか、わかりにくくなっている。

買い物をしたいための買い物なのか、本当に必要な買い物なのかが曖昧になってしまった印象がある。

 

買い物のための買い物は、購入した時に高揚感のために衝動的に購入しているため、後で後悔することになりやすい。

ストレス発散のために気前がよくなったのはいいが、いらないものを買っているので後々自己嫌悪に陥ったり、ストレスがたまることにもなりかねない。

月々のお金を制限する

わたしは、以前から高価でも欲しいものはある程度ピックアップしている

そのため、生活費の制限をゆるくした結果欲しくなったものは、買い物したいために欲しいだけのものであるということを見極めることができる。

 

衝動買いを抑えるには、無駄な衝動が起きないように生活費を制限することが一番である。

独身貴族で大した貯金をせずに暮らしていた人でも、結婚して奥さんに財布の紐を握られると、月3万円のお小遣いでもやりくりできるようになる。

月に使えるお金を意識するようになると、お金の使い方に慎重になる。

 

毎月、漫然と給料をもらっているとわかりにくいかもしれないが、わたしたちの生涯収入はある程度決まっていて、無限でなく有限である。

この当たり前の事実が再認識するだけでも、衝動買いの抑制につながる。

衝動買いを抑えるための買い物のルールを作る

衝動買いする状態は、飢えた獣が何かしらの獲物を持ち帰ろうと、血眼になって獲物を狙っている状態だ。

そんななかショッピングに出かけようものなら、大量の獲物を持ち帰ってしまう。

そのような状態に陥らないためには、自分で衝動買いをしないというルールを作成しよう。

一度見ただけでは買わない

当たり前だが、一度見ただけでは買わないと決めると衝動買いをすることはなくなる。

時間をおくことで、冷静にその商品を判断できる。

 

例えば、洋服であれば、実はサイズが少し大きい、素材が微妙といった、その時は気付かなかった欠点も見えてくる。

 

3回くらい見てから購入するか、一か月後に欲しいと思ったら購入するといったルールを作っておこう。

その間に似たような他のアイテムを見ておくと、それぞれの長所と短所が見つかるので、比較検討できるうえに、買い物熱も冷めてくる。

似たようなものを持っていないか考える

先日ABCマートにスニーカーを見に行った。

たくさんのブランドが数多くの種類のスニーカーを展開していてどれもこれもがよく見えてくる。

 

しかし、わたしはGUのスリッポンをすでに持っている。

休日用のスニーカーは今のところ、1足と決めているので、今購入するとこのスニーカーを捨てる必要がある。

このスニーカーを捨てる必要があるか?

 

答えはNoである。

捨てる必要はない。

 

それでは、現在持っているスリッポンを捨てずに新しくスニーカーを購入する必要があるのか?

これもNoである。

 

週2日の休みにスニーカーは2足も必要ない。

というわけで同じものは必要ないため、しばらくスニーカーを購入する必要はないという結論にいたった。

 

このように、似たようなものがないか検討し、そのアイテムをすでに持っている場合、そのアイテムと交換すう必要があるか考えると、無駄な衝動買いを抑えることができるよ。

まとめ

衝動買い。

英語でImpulse buying。

英語でいうとカッコいいが、実際やっていることはカッコ悪い。

 

店員のいいカモにならないように気をつけて。

世界の経済発展に貢献したいという意識高い人であれば、ガンガンImpulse buyingしていこう。