読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバート友幸の庭

貯金1000万円でセミリタイア中のミニマリストワナビー。月5万4000円で節約生活中。

派遣社員が契約満了で退職した場合、失業保険に給付制限はつくのか?

仕事

こんにちは友幸です。

 

派遣の仕事を先日退社してセミリタイアを送ってるよ。

先日、やっと離職票が届いたので、失業保険給付の手続きにハローワークに行ってきた。

あわせて、派遣が契約満了で仕事を辞めた時、給付制限が付くのか聞いてみたよ。

失業保険の給付制限

失業保険の給付制限は、失業保険をもらうまでに3カ月の待機期間が設けられること。

 

会社の倒産や解雇など、会社都合で退職した場合、離職票を持ってハローワークに行って、失業保険の給付手続きをしてから7日後から失業保険の給付が始まる。

 

そして、自ら申し出て会社を辞める自己都合退社の場合、失業保険の給付までに、7日間の待期期間に加えて3カ月の給付制限期間がつく。

「自分で仕事を辞めたんだから、この3カ月の間に仕事を探してくださいね」ってところだろう。

 

今回わたしは、派遣会社の契約更新のタイミングで契約更新しない旨を伝えて退職となった。

この場合、自分から仕事を辞めたため、自己都合の退社となり給付制限として3カ月の待期期間が必要になるのだろうか?

派遣が契約満了で退社した場合、自分都合退社となる

結論から言うと、派遣が契約満了で退社した場合、自己都合の退社となるが、給付制限はない。

そのため、会社都合と同じように、7日の待機後に失業保険が給付される。

 

わたしは、てっきり給付制限があるものとばかり思っていた。

契約更新月に、自分から契約を更新しなかったし、派遣会社から受け取った離職票には、退社理由が「転職のため」と記載されていたからね。、

手続きをしてもらったハローワークの人に聞いてみたが、「契約満了で仕事を辞めたんですよね?」と聞かれ「それなら給付制限はありません」と言われた。

 

 

わたしの離職票コードは「2D」となっているが、このコードの場合、給付制限はないみたい。

雇用延長給付はなし

しかし、会社都合で辞めた人と違い「雇用延長給付」が発生しないようだ。

 

雇用延長給付は、失業保険の給付が終わっても、就職できない場合、失業保険を2か月延長して給付できる制度。

例えば、90日給付の人の場合、就職が決まらず、就職活動の実績があれば、さらに60日追加で失業保険を給付することができ、計150日失業保険を受け取ることができる。

 

残念ながら、派遣の契約満了の場合は雇用延長給付は発生しないようだ。

まとめ

派遣が契約満了で仕事を辞めた場合、

  • 退社は自分都合
  • 給付制限は無し
  • 延長給付は無し

となる。

 

会社都合だが、3カ月の給付制限がないので、すぐに失業保険を受け取ることができるよ。

もし離職票コードが2D以外で給付制限がかかる場合は、派遣会社に連絡した方がいいよ。