読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバート友幸の庭

貯金1000万円でセミリタイア中のミニマリストワナビー。月5万4000円で節約生活中。

ステーキガストの食べ放題に行ってきた!メイン料理とサラダバイキングで921円(税込)

ステーキガストの食べ放題

こんにちは友幸です。

 

食べ放題に久々に行ってきたので、レポするよ。

今回行ってきたのは、ステーキガスト大阪鷺洲店。

 

名前でわかる通り、ファミレスで有名なすかいらーくグループのお店だよ。

ガストに食べ放題はないが、ステーキガストはメインメニューを頼むと、サラダバイキングがついてくる。

 

ステーキガスト大阪鷺洲店はJR環状線の「福島駅」から、8分ほど。

他にも「野田阪神駅」や、「新福島駅」からも歩いて行ける距離。

一階が駐車場、駐輪場になっていて、2階に入口がある建物である。

 ステーキガストに入店

18時ごろの入店だったので、すでに先客が満載。

3グループぐらい入口で待っている状態だった。

 

入り口付近で本を読みながら、しばらく待つ。

こういう時の読書ははかどるよね。

 

30分くらい待ったあと、入店したよ。

ステーキガストのメニュー

ステーキガストのメニューには基本的にサラダバイキングがついている。

ステーキガストの食べ放題

メイン料理を頼まない、サラダバイキングだけの注文もある。

その場合は、799円(税抜)である。

 

サラダバイキングの値段に100円追加するだけでハンバーグが食べられるので、

今回は899円(税抜)の目玉焼きハンバーグを注文したよ。

 

ちなみにドリンクバーは別料金。

199円(税抜)料金を支払えば、追加できる。

いつも通り、ドリンクバーは頼まなかった。

 

食べ放題では、食べ物を楽しんだほうがお得である。

ステーキガストのサラダ食べ放題

ステーキガストの食べ放題は、入り口付近に置いてある。

サラダは

  • キャベツ
  • 水菜
  • コールスロー
  • ワカメ
  • スイートコーン
  • ベビーコーン
  • ポテトサラダ
  • オニオンスライス
  • ブロッコリー
  • プチトマト
  • オクラ
  • ホウレンソウの胡麻和え
  • サツマイモ
  • リンゴ
  • 紅大根
  • 揚げナス
  • 豆腐

が置いてあった。

ドレッシングも4種類ぐらいあった。

  • 胡麻ドレッシング
  • シーザードレッシング
  • 和風ドレッシング

と他に何かあった気がするが、失念した。

ステーキガストの食べ放題

ステーキガストの食べ放題デザートコーナー

サラダコーナーの隣にスイーツコーナーがある。

種類は少なくて、4種類

  • コーヒーゼリー
  • オレンジ
  • ナタデココとストロベリーゼリー
  • キャラメルプリン

である。

ステーキガストの食べ放題

隣には、ステーキなどにかけるためのソースが並んでいる。

  • なめたけ醤油ソース
  • ニンニク醤油ソース
  • 和風たまねぎソース
  • ガーリックソース
  • うま塩ソース
  • ゆずぽん酢ソース

などがあり、ケッチャプやマヨネーズも置いてある。

 

わたしはハンバーグを頼んでいるので、利用しなかったよ。

サラダにかけてもいいかもしれないね。

ステーキガストの食べ放題パンコーナー

野菜コーナーの反対側にはパンコーナーがある。

プレーンな丸いパンとフォカッチャが3種類置いてある。

フォカッチャの種類は

  • プレーン
  • チーズ
  • バジル

である。

となりにトースターが2台あるので、温めていただくことができるよ。

ステーキガストの食べ放題

写真には写っていないが、トースターの横には、マーガリンが置いてある。

また、スープ2種類とカレー、ご飯もパンコーナーの隣に置いてあるよ。

ステーキガストの食べ放題開始!

メニューを注文したら、食べ放題開始!

メイン料理の目玉焼きハンバーグを頼んで出来上がる前にサラダをいただくことにする。

 

一通りのサラダ類はそろっている。

個人的にポイントが高いのが、ブロッコリーとプチトマト。

ブロッコリーは小ぶりなサイズのもので、恐らく冷凍品を解凍したものだとは思うが、ブロッコリーが好きなのでOK。

プチトマトやトマトは食べ放題の時は積極的に食べることにしている。

トマトってなんだか栄養ありそうじゃない?

 

他の食べ放題であまり見かけないのはサツマイモと揚げナス。

両方何かしらの料理となって置いてあることはあるが、単品で置いてあることはなかなかない。

紅大根も自炊して食べることはないと思われる食材。

色はついているが、味は大根と変わらない。

シャキシャキ感を楽しんで食べるのがいい。

 

左の皿はシーザードレッシング、右の皿は和風ドレッシングをかけていただく。

ステーキガストの食べ放題

続いてパンとフォッカチャ、スープ類をいただく。

パンとフォカッチャはトースターで温めてある。

マーガリンをつけて食べたのだが、フォカッチャの方が、丸パンよりももっちりとしている。

チーズフォカッチャはチーズ好きなので美味しくいただいたが、バジル味が結構いける。

思ったよりもバジルの味が強いので、ジェノベーゼとか好きな人にはおすすめ。

 

フォカッチャにマヨネーズをかけて焼いてマヨパンを作ったりもできるよ。

 

スープは、オニオンスープと、中華スープがあった。

スープ類はファミレスに置いてあるスープと同じ。

別に食べなくてもいいと思う。

ステーキガストの食べ放題

ステーキガストのメインメニュー目玉焼きハンバーグ到着

そんなかんじで、もふもふと食べ放題をいただいていると、メインメニューの目玉焼きハンバーグが到着。

キッチンの方が料理を運んで提供してくれる。

 

写真には写っていないが、注文時に「ライスは必要か」と聞かれて「お願いします」と答えているので、隣にライスがあるよ。

ステーキガストの食べ放題

ソースを全体にかけていただく。

鉄板の上でジュージュー音を立てるのがいい感じ。

 

ちなみにソースは2種類あって、今回はデミグラスソースを注文した。

もう一種類は和風なぽん酢とか醤油とかのソースだった。

ステーキガストの食べ放題

ハンバーグはガストなどの通常のファミレスのハンバーグに比べると、格段に美味しい。

ガストのハンバーグは、隠せない冷凍品感を漂わせているが、ステーキガストのハンバーグは肉が成型されたものではなく、しっかりと作ってある。

ハンバーグの出来は大満足である。

 

しかし残念なことに一緒に届いたライスが、冷えて乾燥している。

恐らく、料理ができる前に炊飯器からよそって準備していたのだろうが、メイン料理ができるまでに冷えてしまったのだろう。

空気の熱伝導率をなめすぎた結果である。

 

どうせライスは食べ放題でいくらでも食べられるので、ステーキガストでは、自分で入れて持ってきた方がいいね。

その方が、温かいご飯を食べられるよ。

ステーキガスト食べ放題のカレー

続いてカレーをいただく。

チーズが好きなので、カレーの上に置いてあった粉チーズをかけてみた。

 

粉チーズがあることでこってり感が増す。

具はあまり見つからないが、味はレトルトの味ではなく結構おいしい。

今回はご飯をのせているが、パンにつけて食べても行けるよ。

 

ステーキガストの味は全体的にファミレスの残念感を払拭する出来になっている。

まぁ、価格も高めだしね。

ステーキガストの食べ放題

ステーキガストの食べ放題デザート編

デザートはあまり種類がない。

なぜかぶつ切りのリンゴが、野菜に分類されていたが、気にせずデザート枠に入れた。

 

コーヒーゼリーはコーヒーフレッシュを入れて食べる。

ドリンクバーを頼んでないので、コーヒー代わりとして食べられる。

 

いちごゼリーはなんとなく駄菓子っぽいチープな味。

フル―チェのような感じ。

 

キャラメルプリンは形は悪いが、一番デザートらしいデザート。

他のデザートに比べて甘みが強い。

キャラメルプリンは何度かリピートしたよ。

ステーキガストの食べ放題

ステーキガストのクーポン

今回わたしが訪問したステーキガスト大阪鷺洲店はホットペッパーや食べログに「いつでも使用できる5%割引クーポン」があった。

 

店舗によって異なるかもしれないが、とりあえず安くなるので、提示しておこう。

別のクーポンとの併用はできないみたいなので、その点は注意が必要である。

 

クーポン使用後の会計は、921円(税込)だったよ。

まとめ

ステーキガストのサラダバイキングは食べ放題がメインではないが、野菜は充実していたので、悪くないサービスだと思った。

ガストやサイゼリアなどのファミレスに比べると味も美味しい。

 

個人的にはデザート系をもう少し充実してくれるとうれしいなと思う。

 

店舗情報

店名:ステーキガスト 大阪鷺洲店 住所:大阪府大阪市福島区鷺洲5丁目1-1 営業時間: [月~金]
11:00~24:00
[土・日・祝]
10:00~24:00

 

関連記事