ハンバート友幸の庭

節約、ミニマリスト、買った商品のレビューなどを紹介するブログ

はーべすとの食べ放題に行ってきた。ランチバイキングはクーポン使用で1457円!

はーべすとの食べ放題

こんにちは友幸です。

 

先日、食べ放題言ってきたので、レポするよ。

今回行ってきたのは、自然食バイキング はーべすと アリオ八尾店。

創作和食料理が食べ放題のお店である。

 

食べ放題のお店を多数展開している、クリエイト・レストランツ・ホールディングスのお店。

 

自然食バイキング はーべすとは首都圏に複数お店があるが、大阪ではこのアリオ八尾店だけとなる。

 

それでは、食べ放題いってみよう。

はーべすとの料金とクーポン

はーべすとの料金は、

  • 平日ランチは1402円
  • 土日ランチは1618円
  • ディナーは平日土日問わずに1726円

全て税込の価格である。

 

ドリンクバーが必要な場合は別途、税込214円が必要となる。

はーべすとの食べ放題

ホットペッパーにいつでも使用できる10%割引のクーポンがあるので、必ず提示しよう。

わたしはドリンクバーを頼まなかったので、はーべすとのランチバイキングは合計で1457円だった。

 

うれしいことにこのお店は時間無制限。

友人とおしゃべりして長居することができる。

 

食べ放題とはいえ、野菜の多いヘルシーな料理が多かったので、お客さんも女性が多かったよ。

はーべすとの食べ放題中央ビュッフェ台

はーべすとのビュッフェ台は中央に野菜系の料理、壁際にご飯類やスープ類が置いてあるという配置だった。

 

並んでいる料理を順番に紹介していくよ。

まず最初に、

  • 高野豆腐のスパイス揚げ

はーべすとの食べ放題

その右隣りには、野菜が並んでいる。

 

次に高野豆腐の奥にある料理を紹介していく。

上段の料理は右から

  • 南瓜と利休和え胡麻風味
  • 黒酢大豆としらすのおろし和え

下段の料理は右から

  • 里いものチーズ煮っころがし
  • 人参のバンドエピス
  • キヌアの雑穀サラダ 柚子塩麹ドレッシング
  • スイーツポテトサラダ

はーべすとの食べ放題一番左に「レンコンときのこの春菊ジェノバ仕立て」という料理があるが、写真に写っていない。

色々仰々しい料理名が並ぶ。

 

続いて、上段の料理は

  • 玉ねぎとイチジクのピクルス
  • 人参のオレンジ煮

下段の料理は

  • ヨーグルトにつけた柔らかポーク
  • 大根のラズベリー煮
  • 鶏ももの塩麹焼き
  • 蒟蒻と大根の有馬煮

である。

はーべすとの食べ放題

その隣は、

  • 切り干し大根の煮物
  • きび糖で煮込んだ大豆とひじき
  • うどん

はーべすとの食べ放題

うどんは、隣にだし汁とカツオ節、刻みねぎ、生姜が置いてある。

 

  • 野菜たっぷりのオムレツ
  • 野菜の胡麻酢和え

はーべすとの食べ放題

 

  • 塩麹豆腐の七味和え
  • 山椒風味の和風チリコンカン
  • 蓮根と押し麦のハンバーグ 照り焼きソース

はーべすとの食べ放題

その隣には野菜のドレッシングが並ぶ。

ドレッシングの種類は以下の通り

  • 赤キャベツドレッシング
  • フラワードレッシング
  • ジンジャードレッシング
  • レモンマヨネーズ

はーべすとの食べ放題

特徴的なドレッシングが並んでいる。

フラワードレッシングは見た目にもきれい。

レモンマヨネーズが一番売れているようだ。

 

この隣に野菜コーナーがあり、中央のコーナーは一周する。

続いて、サイドコーナーである。

はーべすとの食べ放題サイドビュッフェ台

 はーべすとの中央の料理を消化し終わったので、次は壁沿いに設けられたコーナーである。

 

レジの一番近くには、白いごはんが置いてある。

その隣には、ごはんの友と銘打たれ、お茶漬けセットが並んでいるよ。

はーべすとの食べ放題

 

その隣にもご飯類が並ぶ。

  • 十六穀米
  • ひじきとかんぴょうの炊き込みご飯

はーべすとの食べ放題

 

続いて、スープ類が登場。

具が少ない比較的、さっぱりしたものが置いてある。

  • 十種類の薬膳スープ
  • 味噌汁

はーべすとの食べ放題

 

続いて、ガッツリしたスープ系が並ぶ。

  • 鶏と大根の塩麹豆乳煮
  • ごろごろ冬野菜の塩豚ポトフ
  • チキンのスープカレー

はーべすとの食べ放題

一番左に見えるのが、スープ類と一緒に置いてあるニョッキ。

  • きのことりんごの南瓜クリームニョッキ

こいつは結構おすすめ。

 

次は揚げ物たちが並ぶ。

  • 風呂拭き大根のピザ仕立て
  • 鶏のから揚げ
  • 三種の葱のベジブロスあんかけ
  • さつま芋とじゃが芋のフライドポテト

はーべすとの食べ放題

この右隣りにデザート類が並ぶ。

残念ながら、写真を撮っていないよ。

はーべすとの食べ放題のドリンクコーナー

ドリンクコーナーは、ファミレスのようなドリンクバーの機械は置いていない。

ピッチャーが並べてある形になる。

 

コールドドリンクは

  • アイスコーヒー
  • アルカリイオン水
  • ぶどう酢ジュース
  • アップルジュース
  • オレンジジュース
  • ウーロン茶

が置いてある。

はーべすとの食べ放題

健康志向のため、ぶどう酢ジュースなどの体によさそうなドリンクが置いてあったよ。 

 

ホットドリンクは、

  • 玄米茶
  • 蕎麦茶
  • 紅茶
  • コーヒー

が置いてあった。

はーべすとの食べ放題

隣には、コーヒー用ミルクなども置いてある。

ホットドリンクもコールドドリンクと同じようにそれぞれ別々にポットに入れてある。

はーべすとの食べ放題開始!

それでは食べ放題開始!

最初はサラダ系からいただく。

サラダは、赤キャベツドレッシングとレモンマヨネーズをかけてみた。

 

左下から解説する。

 

高野豆腐のスパイス揚げは、カレー風味の味がする。

油っぽくなく食べやすい。

 

里いものチーズ煮っころがしはあまりチーズの味はしない。

普通のいもの煮っころがしよりちょっとクリーミーな感じ。

 

人参のバンドエピスは甘いのだが、スパイス感もある。

タイ料理のような感じ。

なにこれ。

何、バンドエピスって。

ただ、別においしくはない。

 

スイーツポテトサラダはカボチャが混ざっているようで、甘くて美味。

こいつはおすすめ。

 

黒酢大豆としらすのおろし和えは粘り気のない納豆みたいな感じ。

納豆よりも片目で大豆のしっかりとして歯ごたえを感じることができる。

 

玉葱とイチジクのピクルスは、酸っぱいが、イチジクが入っているので甘みもある不思議な感じの味。

何かと合うのかと言われるとよくわからない。

パンに合うかもしれないが、あいにくパンは無い。

はーべすとの食べ放題

 はーべすとの食べ放題 2皿目

山椒風味の和風チリコンカンはトマトと豆の煮物。

チリコンカンはメキシコ風アメリカ料理らしい。

山椒の味付けをして、和風にしているようだ。

 

蓮根と押し麦のハンバーグ 照り焼きソースはさっぱりしていた味。

つくねみたい。

添えつけてある蓮根もカリッと上がっていておいしい。

こいつはリピート推奨。

 

野菜たっぷりのオムレツはあんまり印象に残っていない。

野菜がたっぷりだよ。

 

大根のラズベリー煮はラズベリーの香りが漂う大根。

別にラズベリーの香りはいらない気がする。

 

塩麹豆腐の七味和えは豆腐だけど、塩麹というだけあって、味がしっかりとついている。

悪くないが、普段から豆腐を食べているので、一回食べればいいかな。

 

野菜の胡麻酢和えは特に言うことはない。

人参のオレンジ煮は人参がオレンジで甘くなっている。

入っているのが明らかにレモンなのはわたしの勘違いだろうか。

イチジク、オレンジなどで甘くアレンジを加えている料理が多いね。

 

キヌアの雑穀サラダ 柚子塩麹ドレッシングはサラダと書いてあるが、雑穀なので明らかに炭水化物系。

キアヌはなんか優れた栄養素を誇るすごい種。

ただどれがキアヌなのかはよくわからなかった。

はーべすとの食べ放題

はーべすとの食べ放題 3皿目

続いて食べ放題3皿目。

 

一番下の左側がレンコンときのこの春菊ジェノバ仕立て。

ジェノバ仕立てっていうくらいだから、イタリア風なのだろうが、具体的にはどのあたりがイタリア風なのかはよくわからない。

レンコンがシャキシャキしていておいしいけどね。

 

きび糖で煮込んだ大豆とひじきはきび糖で煮込んだらしいが、いわないとわからないような差異なのだろう。

普通にひじき。

 

きのことりんごの南瓜クリームニョッキはモチモチしていておいしい。

南瓜とクリーミーなソースの相性も良し。

おすすめ。

 

切り干し大根の煮物は特にいうことなし。

切り干し大根が好きな人はどうぞ。

 

蒟蒻と大根の有馬煮はあまり印象がなく、覚えていない。

有馬煮とは、実ざんしょうを使用した煮物のことらしい。

確かに山椒はあった気がする。

 

右上の料理は、ごろごろ冬野菜の塩豚ポトフ。

ごろごろ冬野菜の名前通りに、大き目の人参や大根が入っている。

塩豚がおいしいよ。

 

さつま芋とじゃが芋のフライドポテトはジャガイモは定番だが、サツマイモも入っているフライドポテト。

変わり種だが、悪くない。

 

鶏のから揚げは脂身のすくないささみのような唐揚げ。

ヘルシーな感じで油酔いしなくてよい。

はーべすとの食べ放題

はーべすとの食べ放題 炭水化物編

 どんどん行くよ。

 

左下は鶏と大根の塩麹豆乳煮。

塩麹ということだが、塩麹の主張は強くない。

豆乳でまろやかになった、大根と鶏肉が楽しめる。

スープっぽいクリームシチューのような感じ。

 

ヨーグルトにつけた柔らかポークはそばにあるアップルソースをつけて食べる。

アップルソースが甘いので、不思議な感じがする。

こういう料理が多い。

 

蓮根と押し麦のハンバーグ 照り焼きソースはリピートした。

 

風呂拭き大根のピザ仕立ては大根の上に、トマトとチーズがのっている。

悪くないが、冷えているのであまりおいしくはない。

 

一番左上の料理は三種の葱のベジブロスあんかけ。

ベジブロスとはくず野菜を使用する料理法のことらしい。

名前がついてるとかっこいいね。

 あんかけの横におかき?が置いてあるので、それにかけて食べる。

あんがトロトロしておいしいがリピートはいいかな。

 

うどんは、刻みねぎ、かつお節、生姜をかけて、いただく。

かつお節が小さいパックに入っているようなかつお節ではなく、大き目なかつお節で歯ごたえもある。

うどんは鉄板。

 

隣のチキンのスープカレーはごろごろチキンが入っている。
他にも南瓜などの野菜も入っていておすすめ。

白いご飯をいれてもいいし、うどんをいれると、カレーうどんになるよ。

 

十六穀米はそのままお米である。

ほとんど白米と一緒なので、こいつをカレーに入れて食べてもいい。

はーべすとの食べ放題

 

続いて、炭水化物とスープ系。

 

お茶漬けは、柴漬けなどの数種類のごはんの友がある。

しかし、わたしが行ったときはほとんど具が置いてなかった。

 

そのため、梅干しをいれてシンプルなお茶漬けにしたよ。

梅干しは着色料なしの、多店舗のバイキングよりもよさそうな梅干しだった。

 

味噌汁は特に語ることはない。

油揚げと大根、ネギが入っていた。

 

十種類の薬膳スープは、なんといえばいいだろう、薬膳というだけあって薬の味がした。

具も細かく刻んで食べやすくしてあったが、リピートしようとは思わなかった。

はーべすとの食べ放題

はーべすとの食べ放題のデザートコーナー

 締めくくりはデザートコーナーである。

スイーツは心をいやす。

 

左下は、カラメルプリン。

全てのデザートで一番甘いよ。

 

その横は、柚子のジュレ。

酸味がかなり効いているので、柚子好きはどうぞ。

 

その横は、アップルゼリー。

アップルっぽいゼリーではなく、果汁の高いアップルを使っているように見受けられる。

濃厚なアップル感がある。

 おいしいよ。

 

その上は、ヨーグルトにプルーンのようなものが入っている料理。

ヘルシーな感じはする。

 

その横は、人参の乗せてあるスポンジケーキ。

あんまり覚えてないが、優しい甘みがあった。

 

続いて、ベリーのショートケーキ。

細かくベリーが乗せられているショートケーキ。

デザートとしては、結構いいものではないだろうか。

普通においしい。

おすすめ。

 

その上は、フルーツポンチ。

細かいフルーツ類が入っている。

 

その横は、白玉団子。

リンゴソースに漬けてあると書いてったので、単品で食べてみたが、味はあまりしない。

どうやらリンゴの香り付けをするためのようで、味云々ではないようだ。

となりのぜんざいと一緒に食べるのがいい。

はーべすとの食べ放題

はーべすとアリオ八尾店のまとめ

はーべすとアリオ八尾店では、ヘルシー志向で結構こだわった創作和食料理が楽しめるよ。

料理の種類も多い。

特に野菜の料理が豊富だよ。

 

わたし個人としては、ラズベリー煮とか、イチジク煮とかオレンジ煮とかアップルソースなどのおしゃれな料理が慣れてないせいもあり、あまり得意ではなかった。

フラワーソースドレッシングをかけると、トイレの芳香剤を思い出してしまったという、想像力の貧困が生み出した闇が見えた。

 

おすすめは、ニョッキ、ハンバーグ、カレーかな。

このあたりは鉄板。

小学生が好きそうな食べ物が並んだのは気のせいである。

 

土日でも時間無制限だったので、ゆっくりしたい人はいいかもしれないね。

 

店舗情報

店名:はーべすと アリオ八尾店

住所:大阪府八尾市光町2-3 アリオ八尾 3F

営業時間:11:00~23:00

 

関連記事