読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバート友幸の庭

貯金1000万円でセミリタイア中のミニマリストワナビー。月5万4000円で節約生活中。

ヴォーノイタリアのピザ食べ放題に行ってきた!お値段1498円でバイキング!

ヴォーノイタリアの食べ放題

こんにちは友幸です。

 

恒例の食べ放題のレポートをするよ。

今回行ったのはヴォーノイタリアというお店。

 

名古屋発のピザ・パスタ食べ放題のお店で、関東、中部、関西に店舗を展開している。

東京に住んでいた時にも近くの店舗に何度か行ったことがある。

 

わたしが今回行った、ヴォーノイタリア 平野店は平野駅から1キロほど歩いたところにある。

1階が駐車場になっていて、2階が店舗。

建物の作りがファミレスみたいになっている。

 ヴォーノイタリアの料金

料金は税込み1598円。

ドリンクバー込み。

時間制限なし。

 

ランチ・ディナー関係なく一律の料金。

そのうえ時間制限もないのはうれしい限り。

 

追加料金430円を払えば、ドルチェセットが楽しめる。

ドルチェってなんなの? と思うかもしれないが、ようはデザートバイキングだ。

 

ヴォーノイタリアの売りの1つに「ハーゲンダッツ食べ放題」がある。

ハーゲンダッツを食べたい人はドルチェセットを注文する必要がある。

 

しかし今回訪れたヴォーノイタリア平野店はフランチャイルズなのか、ハーゲンダッツ食べ放題は実施していなかった。

ハーゲンダッツを食べたい人は事前に調べてから行くようにしよう。

 ヴォーノイタリアのクーポン

ヴォーノイタリアのクーポンが食べログやホットペッパーなどにアップされている。

ヴォーノイタリアの食べ放題

このクーポンを利用すれば100円引きになるので、1498円で食べ放題を利用できる。

LINEに登録するとたまにクーポンがもらえることもあるよ。

ヴォーノイタリアの食べ放題注文方法

ヴォーノイタリアは出来立ての商品を提供してくれる。

そのためタッチパネルから商品を選んでオーダーをする仕組みになっている。

以前は店員さんを呼んで注文していたが、間に合わなくなったのか電子化されていた。

ヴォーノイタリアの食べ放題

注文履歴から頼んで料理を確認することができる。

自分がどれくらい食べたかが把握できるよ。

一部商品はタッチパネルでカロリーなども確認できる。

 

何故一部の商品だけなのかは不明。

できれば全商品のカロリーを表示させてほしい。

 

以前いった店はアンティパスト(前菜、つまみ?)もタッチパネルから注文できたのだが、このお店では注文できないみたい。

店舗によって仕様が違うのか、アンティパストはなくなったのかはわからない。

ヴォーノイタリアのビュッフェ台の様子

サラダ台にあったのは以下の通り

  • レタス
  • オニオンサラダ
  • カボチャのポテトサラダ
  • きのこのマリネ
  • 彩り野菜のピクルス
  • マカロニサラダ
  • 大根と人参のピクルス
  • わかめ
  • スイートコーン
  • カリフラワーとブロッコリー

ヴォーノイタリアの食べ放題

ドレッシングは

  • 和風ごまドレッシング
  • ごまドレッシング
  • 青じそドレッシング
  • イタリアンドレッシング

があったよ。

野菜コーナーの左隣に

  • パン
  • ポテト
  • コンソメスープ
  • コーンスープ

が置いてあった。

惣菜系は少なめである。

ヴォーノイタリアの食べ放題開始!

ピザとパスタをタッチパネルで注文して、出来上がるまでサラダをいただくことにする。

 

サラダにはごまドレッシングをかけていただく。

カボチャのポテトサラダは季節を意識してカボチャが混ざっているポテサラ。

カボチャの甘みがありおいしい。

 

きのこのマリネはシイタケなのか?

オリーブオイルに浸してあるので、パンと一緒に食べるのがいいかもしれない。

大根と人参のピクルスはまんま酢の物。

彩り野菜のピクルスの方が具材的に洋風っぽい。

味付けはかわらないけどね。

 

あとは普通かな。

ヴォーノイタリアの食べ放題

ヴォーノイタリアのピザ・パスタ食べ放題

最初に頼んだのは「照り焼きチキンとマヨネーズピザ」

 

ピザとしては邪道かもしれないが、チキンとマヨネーズを組み合わせてまずいわけがない。

アツアツのピザをいただく。

うん、うまい。

生地はふっくらしていて、比較的厚みがある。

食べ放題のピザを厚さ順に並べると

シェーキーズ>ヴォーノイタリア>グラッチェガーデンズ

という風になる。

 

ピザの端はふっくらして美味しいのだが、今後のことを考えて、残すことにする。

ヴォーノイタリアの食べ放題

続いて「たっぷりチーズのクリームソースのニョッキ」が届く。

 

ジャガイモでできたもちもちした食感が売りのニョッキ。

クリームソースとチーズをかけて黒胡椒が振ってある。

 

モチモチして美味しいが、丸いのでソースを絡ませることが難しい。

モチモチ感を味わいながら、次の料理をまつことにする。

 

ちなみにヴォーノ・イタリアのパスタ類は一人前の量が少なめに作ってある。

カロリーをみると250キロカロリーなどと書かれているので、一人前の2~3分の1くらいの量だと思われる。

ピザもそこまで大きくはない。

 

色々な種類の料理を食べることができるので、うれしい配慮である。

ヴォーノイタリアの食べ放題

続いて「鮭と舞茸のトマトソース 香草風味」

季節限定メニューで名前の通り、鮭とマイタケが入ったパスタ。

パスタはフェットチーネ(平麺)でもちもちした食感を楽しめる。

舞茸がおいしい。

旬の食べ物なので、口に入れると香りが広がる。

食感も好き。

ヴォーノイタリアの食べ放題

続いても季節のメニュー「秋刀魚とニンニクオレガノのトマトソースピッツァ」

 

ニンニクとかいてあるが、あんまりニンニクの味は強くない。

というよりも秋刀魚の味が強すぎて他がよくわからない。

オイルサーディンのかわりに秋刀魚の缶詰が乗っている感じ。

 

ケチャップと秋刀魚の相性はいいよ。

ヴォーノイタリアの食べ放題

ヴォーノイタリアの食べ放題 中編

続いて「ぷりぷり海老のマカロニグラタン」と「ビスマルクピザ」

 

ぷりぷり海老のマカロニグラタンは熱々の状態なので火傷に注意。

小ぶりなむきエビがところどころにのっている。

ぷりぷり海老のマカロニグラタンは、作るのに10分以上かかる可能性があるので注意。

基本的に出来立てを提供している店なので、忙しい時間帯は料理の提供がどうしても遅くなる。

グラタンの周辺が焦げているのも恐らく忙しくなってきたためだろう。

 

ビスマルクは真ん中に半熟卵が乗っかったピザ。

周りにはウインナーがのせられている。

 

なんとなく朝食チックなピザである。

半熟卵をピザカッターで割っていただく。

生地全体に広がった半熟卵をピザ生地ですくって食べる。

食べるのが難しいピザ。

ヴォーノイタリアの食べ放題

次は「鮭の和風ピッツァ 柚子胡椒マヨ仕立て」

 

海苔やネギが乗せられてお好み焼きみたいな見た目。

鮭も焼かれてチキンのような風貌になっている。

 

柚子胡椒が効いていて、他のピザとは一味違う味。

ピザとしては邪道だが、チーズと柚子胡椒のの相性が案外いい。

ピザの中で一番うまいかも。

ヴォーノイタリアの食べ放題

次は「秋刀魚と明太子のオイルパスタ」

 

秋刀魚と明太子を混ぜたパスタ。

やっと普通のパスタの登場。

 

秋刀魚と明太子が両方主張が強いのでどんなものかと思ったが、そんなに悪くはない。

秋刀魚の方が味が強いかな。

 

パスタはもちっとしていておいしい。

ヴォーノイタリアの食べ放題

次は「ホワイトスピナッチ」と「鮭ときのこ 味噌ニンニクのオイルパスタ」

 

ホワイトスピナッチはホウレンソウとベーコンがのったホワイトソースベースのピザ。

端っこの方が盛大に焦げているのはご愛敬。

焦げている部分を避けていただく。

ホウレンソウの味は強くないのでベーコンピザって感じかな。

 

鮭ときのこ 味噌ニンニクのオイルパスタは鮭ときのこ、唐辛子がのせられている。

ニンニクの味は強くない。

味噌ベースなのでトマトとはまた違った味が楽しめる。

ヴォーノイタリアの食べ放題

次は「鮭とトマトバジルのクリームドリア」

 

名前のまま鮭の入ったドリア。

表面にパン粉をまぶして焼いてあるので、表面のサクサク感を楽しめる。

ドリア自体結構お腹にたまるので、最初に食べるのは控えたほうがよさそう。

熱いので火傷に注意!

ヴォーノイタリアの食べ放題

次は季節のメニュー「秋ナス モッツァレラチーズのトマトとバジルソースのパスタ」

 

秋ナスとモッツァレラチーズがのっているパスタ。

表面にバジルソースもかけられている。

 

味はプレーンなトマトオイルパスタ。

バジルの味はあんまりしないかな。

 

ナスとモッツァレラチーズともに主張はそんなに強くない。

さらっと食べられるパスタ。

ヴォーノイタリアの食べ放題

ヴォーノイタリアの食べ放題 後編

次は「チョコレートとナッツのピザ」

 

ピザの上にチョコレートソースとナッツをのせてデザートピザに仕上げている。

チーズの塩みとチョコレートの甘みが混ざった味。

 

わたしは塩大福のように甘みとしょっぱさを組み合せた食べ物が好きなので、基本的にデザートピザは好き。

ナッツもたくさん振りかけられているので、アクセントとして効いている。

ヴォーノイタリアの食べ放題

続いて「明太子クリームのパスタ」

 

上に刻み海苔がのっている。

 

人気の高い明太子クリームのパスタ。

しっかりと明太子クリームの味がしておいしい。

味はおいしいが、具が全くないので少し物足りないかな。

 

体が炭水化物以外を求めている気がする。

ヴォーノイタリアの食べ放題

続いて「いちごミルクのピザ」

 

デザートピザ第二弾である。

写真を撮る前に思わず一切れ食べてしまった。

 

苺を細かく刻んで練乳と一緒にピザの上にのせている。

苺が少量ながらのっているのはポイントが高い。

チョコレートピザよりも甘い。

ヴォーノイタリアの食べ放題

続いて「ジェノベーゼ」

 

刻んだトマトが彩りとして上にのせられているバジルソースのオイルパスタ。

バジルソースはトマトソースに比べて酸味が少ないが、かわりにバジルの味が口に広がる。

わたしはジェノベーゼは好きだが、ピザのチーズばかり食べているので、パンチが足りない気がしてしまった。

 

パスタはもういいかな。

ヴォーノイタリアの食べ放題

まだまだ行くよ。

続いて「アンチョビのピザ」

 

わかりにくいがアンチョビがところどころに点在している。

アンチョビは秋刀魚のピザと比べると主張が少ない。

秋刀魚のピザと似たような味かと予想したが、全然別ものだった。

 

魚も加工の方法で色々な味になるのである。

ヴォーノイタリアの食べ放題

次は「トマトクリームソースのニョッキ」

 

トマトソースとクリームソースを混ぜたソースにニョッキが入れてある。

ニョッキを家で食べることはないだろうから、もう一度モチモチ感を楽しむことにする。

 

ニョッキはどちらかというとメインではなく、傍流の料理なのでメニューにあるとつい頼みたくなってしまう。

次にニョッキを食べるのはいつになるのだろうか。

ヴォーノイタリアの食べ放題

デザートピザ第3弾「はちみつのピザ」

 

チーズをたくさんのせたピザにはちみつをかけただけのシンプルなデザートピザ。

個人的にはこのピザはデザートピザの王様だと思っている。

 

味はシンプルだが、はちみつとチーズは相性がいい。

最初にピザにはちみつをかけた人を尊敬する。

シンプルイズベストである。

ヴォーノイタリアの食べ放題

最後は「舞茸のクリームピッツァ~トリュフ風味~」

 

舞茸がたくさんのったピザ。

トリュフ風味なのかわからないが、舞茸の香りが強く、食感もしっかりしていておいしい。

今まで舞茸を見くびっていたが、うまい。

すごい食材である。

まさかピザ屋で舞茸のおいしさに気づくとは思わなかった。

ヴォーノイタリアの食べ放題

まとめ

とにかく舞茸がおいしかった。

今の時期に行くなら、舞茸入りの料理を頼むことをお勧めする。

 

他にもピザやパスタの種類があるのだが、1人で食べるのには限界がある。

お腹の関係上、マルゲリータなどのオーソドックスな料理は頼まなかったよ。

 

ヴォーノイタリアは店舗が郊外にあることが多い。

関西では3店舗しかなく、平野、富田林、岸和田と比較的大阪市の中心からは遠い位置にある。

今後、中心地に店舗が増えることを期待。

 

店舗情報

店舗:ヴォーノ・イタリア 平野店

住所:大阪府大阪市平野区平野南3-1-5

営業時間:

[ランチ]
11:00~16:00(L.O.15:00)
[ディナー]
17:30~23:00(L.O.22:00)

[土日祝]
11:00~23:00(L.O.22:00)

 

関連記事