読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバート友幸の庭

貯金1000万円でセミリタイア中のミニマリストワナビー。月5万4000円で節約生活中。

日清カップヌードル「トムヤムクンヌードル」を食べてみた! 

こんにちは友幸です。

 

先日、知り合いに日清のカップヌードルをもらった。

カップヌードルといえば、シーフード味など長く愛される定番の味がある。

 

しかし、今回もらったのは「トムヤムクン味」。

 

日清の攻めの姿勢が伺える亜流のカップヌードルだ。

今回はカップヌードルトムヤムクン味の食レポをするよ。

カップヌードル トムヤムクン味

もらった、トムヤムクン味のカップヌードル。

パッケージには、トムヤムクンヌードルって書いてある。

日清カップヌードル「トムヤムクンヌードル」

パッケージのデザインが、紫色をベースに補色の黄色がアクセントであしらわれている。

従来のカップヌードルにはないようなカラーリングになっている。

 

ふたのところには、トムヤムクンペーストがついているよ。

日清カップヌードル「トムヤムクンヌードル」

ふたと、トムヤムクンペーストの向きが逆になっている。

どうでもいいといえばどうでもいいが、なぜ逆なのか。

そこは揃えて欲しかったな。

 

やだ日本人って細かい!

 

裏面には、ふた止めシールがついている。

日清カップヌードル「トムヤムクンヌードル」

昔は、もっとわかりやすいデザインだったけど、今は透明になってるんだね。

この「ふた止めシール」があると、日清のカップヌードル! って感じがする。

 

安いPB商品はついてないからね。

まぁそこでコストカットしてるんだろうけど。

 

カロリーは1食あたり346キロカロリー。

日清カップヌードル「トムヤムクンヌードル」

普通のカップヌードルが353キロカロリーなのでほとんど変わらないね。

カップヌードルトムヤムクン味を作る

早速、トムヤムクン味を食べることにする。

 

中を開けてみると、乾燥した具が入ってる。

日清カップヌードル「トムヤムクンヌードル」

シーフードヌードルに入ってるのと同じ海老、マッシュルーム、赤唐辛子、香菜(パクチー?)が入っている。

あとは粒状のスープの素らしきものがある。

 

カップヌードルに入っている謎の四角い肉は入ってないね。

まぁ、トムヤムクンならいらないか。

 

ふたについていたトムヤムクンペーストをこの段階で入れそうになったが、お湯を注いでから最後にいれるらしい。

危なかった。

 

お湯をわかして、目安の線までお湯を投入。

日清カップヌードル「トムヤムクンヌードル」

ふたにふた止めシールをして、トムヤムクンペーストを温めるために、ふたの上にのせる。

これで3分後には完成だ!

日清カップヌードル「トムヤムクンヌードル」

3分後(多分4分くらいたってる)。

ふたを開ける

日清カップヌードル「トムヤムクンヌードル」

そして、温めておいたトムヤムクンペーストを中に入れる。

日清カップヌードル「トムヤムクンヌードル」

混ぜると完成だ!

カップヌードル トムヤムクンヌードルの味

早速食べる。

 

麺は普通のカップヌードルと変わらない。

いつものやつ。

普通においしい。

日清カップヌードル「トムヤムクンヌードル」

マッシュルームは特に味もなく、はいっているといわないと気付かないレベル。

海老はシーフードヌードルと同じだね。

 

海老や麺は従来のカップヌードルと変わらない。

パクチーも入っているみたいだけど、特にパクチーの味は感じなかった。 

ていうかネギだと思ってた。

 

じゃあ、何が違うのかというと、最大の違いはスープ。

日清カップヌードル「トムヤムクンヌードル」

トムヤムクンというだけあって、酸味の効いた酢っぱ辛い味になっている。

で、そんなに辛くないだろうと思っていたんだけど、赤唐辛子が入っているので、結構辛い。

 

甘く見ていると痛い目をみる。

 

トムヤムクンスープが完全にエスニックテイストなので、従来のカップヌードルとは全く別物だと考えたほうがいいよ。

 

コレ、マジ、アジアン!

日清カップヌードル「トムヤムクンヌードル」

まとめ

わたしが今回食べたトムヤムクンヌードルはニューバージョンがでているようで、新しいやつは、よりパクチーの香りが強くなっているらしい(新しいやつはパッケージの「コレ、マジ、アジアン」のところに「New」って書いてある)。

本場のおいしいをお届けするカップヌードルエスニックシリーズのトムヤムクンヌードル。

クリーミーで濃厚なトムヤムクンスープはそのままに、パクチーの香りアップでより本格的になりました。

 今回食べたものでは、特にパクチーの味は感じなかったけど、新しいやつだと、パクチー感がでてるかもしれないね。

 

日清は、PBの安いカップヌードルと差別化を図るために色々な味のヌードルを出してるみたいだね。

 

トムヤムクンヌードルは、従来のカップヌードルとは別物だと食べたほうがいいよ。