ハンバート友幸の庭

節約、ミニマリスト、買った商品のレビューなどを紹介するブログ

飲めばみんな幸せ! バナナジュースのレシピを公開!

バナナ

こんにちは友幸です。

 

 わたしは甘党で甘いものが大好き。

しかしジュースは普段はあまり飲まない。

 

嫌いではないのだが、コンビニなどで買うジュースは砂糖がたくさん入っていて、あまり健康にも良さそうではないし、コストパフォーマンスが悪い。

そのためジュース自体をわざわざ買う気がしない。

 

そんなわたしが大好きな飲み物がある。

それがバナナジュースである。

でもバナナジュースってお洒落なカフェとかで頼むと謎に600円ぐらいするよね。

高いわ!

 

それなら家で作ったほうがよくない?

というわけでバナナジュースのレシピを公開するよ。

 

それでは行ってみよう。

 バナナジュースに必要な材料

まずはバナナジュースに必要な材料である。

  • バナナ1本
  • 牛乳200ml
  • 氷1,2個
  • ミキサー

以上、4点が必要である。

バナナと牛乳は業務用スーパーで買ってきた。

 

今回牛乳は、低脂肪乳を購入したが、味が普通の牛乳とは少し違うので、嫌いな人は普通の牛乳を買おう。

 

わたしは慣れた。

何事も慣れである。

バナナジュース

バナナジュースのレシピ

それでは早速バナナジュースを作ってみる。

 

まずは牛乳200mlを投入する。

思い切り200mlを超えているが、細かいことは気にしないでほしい。

バナナジュース

わたしはハンドミキサーを使用するためプロテインカップに入れているが、ジューサーがある場合はジューサーに入れよう。

バナナジュースにバナナを入れる

次にバナナを適当にちぎって入れる。

バナナジュース

レシピにバナナ1本と書いてあるが、バナナの種類によってバナナ1本の大きさが大きく異なる。

 

今回投入した、バナナは5本100円のフィリピン産のバナナ。

1本1本は小ぶりな大きさだった。

キッチンスケールが壊れているので、グラム数は量ることができなかった。

 残念。

 

バナナが大きかったり、色がまだ青いとバナナのえぐみが増す。

バナナの皮が茶色くなっているくらいの方が、糖度が増して美味しくいただくことができるよ。

バナナジュースに氷を入れる

バナナを入れたら、次に氷を投入する。

バナナジュース

今回氷を2つ投入した。

これはバナナジュースを冷やすためである。

 

バナナジュースは時間が経つと酸化して色が変色してしまうのは周知の事実である。

冷えたバナナジュースを食べたい場合、冷蔵庫で冷やしておくと、時間が経って茶色くなってしまう。

これは見た目がよろしくない。

 

そのため作ったらすぐに冷えたバナナジュースを飲みたい場合、冷やすために氷をいれる。

 

そう考えると、カフェは変色を防ぐために、注文が来てからバナナジュースを作らないといけない。

作り置きできないから、値段が高いのかもしれないね。

 

氷を入れすぎると薄くなるので、注意が必要。

小ぶりなバナナの場合、氷一つでも十分ジュースを冷やすことができる。

 

冷やす必要がない場合は氷を入れる必要はないよ。

バナナジュース完成

氷を入れたら最後にミキサーでバナナジュースの材料を混ぜ合わせて出来上がり。

バナナジュース

ミキサーの時間を短期間にすると氷が小粒で残ってシェイクのような感触を味わえるよ。

氷が多いほうが、この氷の粒感を楽しめるが、味が薄くなる。

適せん調整していい感じにしよう。

バナナジュースの値段

バナナと牛乳は合計で200円。

バナナは5本のうち1本、牛乳は1Lのうち200mlを使用したので、200円でバナナジュース5杯楽しめる。

バナナジュース1杯40円の計算になる。

 

格安でおいしいバナナジュースが楽しめるよ。

カフェで飲むバナナジュースの値段で、お腹がたぷたぷになるまでバナナジュースを飲むことができるよ。

バナナジュースのアレンジ

人によっては、バナナジュースにいろいろなものを加えてバリエーションを楽しんでいる。

  • ヨーグルトと蜂蜜を入れているバナナジュース

濃厚♡喫茶店のバナナジュース by 陽斗mama❤︎ [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが234万品

ヨーグルトを入れると酸味が加わって、ミックスジュースっぽくなりそう。

とろみが加わってシェイクっぽさが増すかもしれない。

  • 生姜入りバナナジュース

生姜イン。ヨーグルトバナナジュース by curisupin [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが234万品

こちらはバナナジュースに生姜を入れている。

体が温まりそうなバナナジュース。

牛乳をいれず、ヨーグルトにバナナを加えているので、飲むヨーグルト的なものになるのだろう。

もはやバナナジュースじゃないような気もするがうまければ何でもいいのである。

まとめ

自分で作れば、果実100%のバナナジュースを自宅で格安で楽しめる。

砂糖も入っていないでバナナだけの甘みで十分に美味しいバナナジュースを作ることが可能だ。

酸味が欲しければ、リンゴなどを混ぜることでミックスジュースを作ることもできる。

甘党のわたしはバナナジュースの方が好みだけどね。

 

あと、コンビニで売っているバナナジュースは、なんだか水っぽい上に味が変。

あれは「バナナ風味の甘い砂糖水」である。

はっきりって美味しくない。

あんなバナナジュースに100円の価値はないといえる。

 

賞味期限を延ばすために、ある程度保存がきくように作ってある企業努力は認めるが、残念な結果になっている。

わたしは添加物自体にあまり興味はないが、味が不味いのはいただけない。

 

自分で作るバナナジュースがコスパ、味ともに最強である。

 

関連記事