読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバート友幸の庭

貯金1000万円でセミリタイア中のミニマリストワナビー。月5万4000円で節約生活中。

風呂なしアパートを探すときの4つのポイント

お金の節約-固定費 お金の節約

風呂なしアパート

こんにちは友幸です。

 

わたしは風呂なしアパートに住んで1年ほど経つ。

そんなわたしが風呂なしアパートを探したときのポイントがいくつかあったので紹介するよ。

 

風呂なしアパートに住むこと検討している人は参考にしてほしい。

 家賃が安いか

最大のポイントはやはり家賃が安いかどうかだろう。

候補の中からできるだけ安いアパートを探す。

ジムが近くにあるか

シャワーを借りるため、毎日ジムに行くことになる。

近くに区営市民スポーツセンターがあるかは重要である。

わたしは不動産と部屋を内覧したあとに、スポーツセンターに直接行ってみてスポーツセンターの設備や雰囲気も確認した。

スポーツセンターによってはシャワー室での石鹸やシャンプー使用禁止のところもあるので注意が必要。

洗濯機が置くことができるか

トイレは共同でも構わなかったが、その場合、洗濯機を置く場所がないことが多い。

洗濯機をアウトソーシング化するのはミニマリストとしてはよいが、経済的にはよろしくない。

家賃が安い場所に住んでも、コインランドリー代が高くなっては本末転倒である。

不動産に話をして内覧に行く前に洗濯機を置くことができる確認した。

職場が近いか

わたしは派遣で働いているので、交通費が支給されない。

交通費がでないのであれば、職場の近くに引っ越したほうが、満員電車に乗ることもないし通勤時間も短くなると考え、風呂なしアパートに引っ越した。

引っ越しの費用は、1年間に支払う交通費と比較して計算し、引っ越したほうが得であると判断した。

現在自転車で通っているが、ストレスフリーで快適な生活を送っている。

 

以上がわたしが風呂なしアパートを探した時のポイントである。

参考になれば幸い。