ハンバート友幸の庭

節約、ミニマリスト、買った商品のレビューなどを紹介するブログ

100均のセリアで洗濯洗剤の詰め替えボトルを購入! 真っ白でシンプルなボトル!

こんにちは友幸です。

 

洗濯洗剤のボトルって派手な色のものが多い。

毎日使っていると、次第にもっとシンプルな落ち着いた色の容器に入れ替えたくなってくる。

 

今回は100均のセリアに行った時に見つけた洗濯洗剤の詰め替えボトルを買ってきたので紹介するよ。

100均の洗濯洗剤の詰め替えボトルを購入した理由

わたしは現在、おしゃれ着洗剤の詰め替え用パックを購入して、詰め替えずにそのまま使っている。

でこれが結構使いにくいのだ。

 

詰め替え用パックのまま使うと、バケツに入れる時に、洗剤がドボドボとバケツの中に入ってしまうことがある。

パックのため少し力を入れるとすぐに洗剤がでてきてしまい、恐る恐る洗剤を入れようとしても失敗することが多い。

 

タオルと手ぬぐいだけ洗いたいのに、明らかに必要のない量の洗剤を使うことになる。

これは明らかに無駄だ。

詰め替え用パックのまま使っている自分が悪いんだけどね。

 

あと適当に買った柔軟剤のボトルのデザインが、アールヌーヴォー調であんまり好きじゃない。

これも入れ替えたい。

100均セリアの洗剤詰め替えボトル

なのでこいつらを詰め替え用ボトルにいれることにした。

100均のセリアで洗濯洗剤の詰め替えボトルを購入する

それで詰め替え用ボトルを探してみたけど、ロフトやセレクトショップで売っている中身が空のポリのボトルでも値段が1000円くらいするんだよね。

何故だ。

 

それなら中身が入っているおしゃれなボトルを買って、その中身を使い切ってから入れ替えた方がいい気がする。

 

だけど高いしな、どうしよう。

そんなことを考えていて詰め替え用ボトルを買うことを躊躇していたんだけど、セリアに行ったときにちょうどよさそうなボトルを売っていた。

100均セリアの洗剤詰め替えボトル

セリアの詰め替え用ボトルは有名だよね。

これで問題解決だ!

 

ということで詰め替え用ボトルを2つ買ってきたよ。

安いは正義。

100均セリアの洗濯洗剤の詰め替えボトル

購入したセリアの詰め替え用ボトル。

100均セリアの洗剤詰め替えボトル

丸いタイプと四角いタイプがあったが、収まりがよさそうな四角いタイプを購入した。

 

どちらのボトルも容量が500mlだったので、好みで選べばいいと思う。

100均セリアの洗剤詰め替えボトル

フタを開けてみるとこんな感じだ。

100均セリアの洗剤詰め替えボトル

フタには10、25、30mlの印がついている。

100均セリアの洗剤詰め替えボトル

まぁ洗剤のボトルには大体ついているやつだね。

 

洗剤を入れるときは、フタをすべて外してから入れる。

100均セリアの洗剤詰め替えボトル

ボトルの口が大きいので詰め替える時に洗剤を入れやすいよ。

 

ラベルを外すと真っ白でシンプルな洗剤ボトルになる。

100均セリアの洗剤詰め替えボトル

洗剤は毎日使うものなので、見た目がシンプルですっきりしたのはうれしい。

これで洗剤を入れすぎることもなくなるはずだ。

 

横置きはしないようにと注意書きがあるので、横に置くのはやめたほうがいいよ。

大きい容量が必要なら他の商品を買おう

セリアで購入したボトルのおかげで見た目がすっきりとした。

特に不満はないがデメリットをあげるとすれば、セリアで購入した詰め替え用ボトルは 容量が500mlだという点だ。

 

詰め替え用の洗剤は元々の製品のボトルの大きさに合わせて決まっている。

大体の場合そのため、500mlよりも多い。

 

わたしが持っていたエマールの詰め替え用ボトルは容量920mlだった。

100均セリアの洗剤詰め替えボトル

今回はエマールを途中まで使っていたので、全部詰め替え用ボトルに入れることができたが、新品で買った場合、入りきらなかった洗剤はどこか別の場所に保存する必要がある。

 

そのため普段使用するボトルと、余った詰め替え用ボトルの洗剤、2つの洗剤を別々に収納しなければならなくなる。

また、2回に分けて洗剤を詰め替えないといけないという手間も発生する。

 

小さめな容量の詰め替え用洗剤も売られているが、容量の大きいものに比べると割高になることが多い。

 

一度に詰め替えしたい人や収納スペースを節約したい人は、1000mlくらいの大きめなボトルを買っておいた方が後々の手間が省けるよ。

 

 

わたしがみたときはセリアで大き目な詰め替えボトルは売られていなかった。

別のところで手ごろな値段のモノを買うといいよ。

中身を区別する方法が必要になる

セリアの詰め替え用ボトルを2つ買ったが、このまま使ってしまうと洗剤の区別がつかなくなる。

このままだと洗剤を入れようとして柔軟剤を入れてしまったという悲劇が起きかねない。

何かしら区別をするために目印が必要になる。

 

DYMO(ダイモ)で印字すればいいんだろうけど、これだけのために買うのは躊躇するな。

油性ペンで手書きで字を書いている人もいるみたいだけど、字が汚いから一発勝負で書くと絶対に失敗する。

ラベルを自作したりすることもできるが、めんどくさい。

 

ひとまず窮余の策として区別をつけるために、おしゃれ着洗剤を入れたボトルに輪ゴムをつけておいた。

 

・・・・・

うん、ダサい。

茶色の輪ゴムを付けたら見た目が一気にダサくなった。

 

ひとまずはこれでいいか。

後で何とかするよ。

紐でも買ってきて、くくりつけるか。

まとめ

  • シンプルなデザインのボトル
  • 容量は500ml
  • 100円と破格の値段で買える

100均のセリアで売っている洗濯洗剤の詰め替え用ボトルはシンプルなデザインなので、詰め替えボトルを探している人は見てみるといいよ。

特に液だれもしないし、使い勝手は問題なしだ。 

 

容量が500mlなのでコンパクトな分、洗剤の容量が多いと入れ替えの手間が増える。

入れ替える頻度は多くないだろうけど、手間だと感じるなら容量の大きめなボトルを買うことにするよ。